リクルートスタッフィング(銀座)に登録し、生命保険会社のシステム子会社でのシステムエンジニア(SE)をした体験談

派遣会社 リクルートスタッフィング
銀座支社
年齢、性別 27歳 男性
仕事内容 大手生命保険会社のシステム子会社での
システムエンジニア(SE)
時給 1500円
派遣会社の対応は良かった? 対応は丁寧で誠実でした。
3か月ごとの契約更新の際、派遣先に時給のアップの交渉を依頼したところ、時給200円のアップに成功していただけました

リクルートスタッフィング(銀座)に登録した理由と経緯。大企業で働きたい!

大学を卒業以来、社員数が30名程度の小規模なシステム開発会社に勤務していたのですが、自分自身のスキルを向上させたいと考え、その為には何らかの形で大企業のシステム部門で働きたいと考え、会社を退職して派遣会社に登録することにしました。

リクルートスタッフィングに登録して応募した理由は、インターネット上で仕事を探していたところ、希望する案件を扱っている人材派遣会社がリクルートスタッフィングだったからです。

システム開発会社での派遣のSEの仕事内容

派遣された会社は、大手生命保険の100%子会社のシステム開発会社でした。

業務内容は、生命保険販売システムの開発業務で、私は主にテストを担当しました。

リクルートスタッフィングからは、私の他に女性が1名一緒に派遣されて、主任クラスの社員の方が、私たち2名の管理者となりました。

私は初めて派遣社員という立場を経験したので、最初は戸惑いましたが、一緒に派遣されてきた女性は派遣社員という立場に慣れていて「社員と違うから最初は孤独感を感じるけど、慣れれば平気だよ」「仕事さえこなしていれば問題はないよ」と、派遣社員としてのコツを教えてもらい、少し気持ちが楽になりました。

このプロジェクトチームには、複数の大手システム会社が人員を派遣しており、私たち派遣社員を含めて50名ほどの混成チームとなっていました。

なので、報告・連絡・相談のやりとりが面倒でしたが、私は指示されたテスト業務を淡々とこなし、バグを発見すればレポートを提出していたので、それなりに評価されていたと思いますし、仕事内容も前いた中小企業では得られない経験もたくさん積めたのでよかったです。

※リクルートスタッフィングや派遣会社全般について本音で感想

リクルートスタッフィングは、基本的には私が派遣された会社に営業をかけて、派遣したシステムエンジニアがしっかりと仕事をこなしてくれて、3か月ごとの派遣契約を何度も契約更新してくれればそれで良いというスタンスなのだなと感じました。

私がシステム開発会社に派遣されてから最初の1週間や、1か月目には、担当の営業マンが状況を知りたくてランチタイムに来てくれて、私と一緒に食事をしながら話をしましたが、話をしただけです。

私は派遣社員としての不安定な立場について、不安感を訴えましたが、黙って担当者は話を聞いただけでしたし、派遣先には何もアクションを起こすことはなく、基本的には派遣会社というものは「人員を派遣するだけの会社」なのだなと感じました。

それに派遣先は、派遣会社にとっては大事なお客様でもあるので、意見を言いにくい事情があるんじゃないかと感じ、私たち派遣社員は、派遣会社にとっては商品でしかないと感じて虚しくなりました。

交渉で時給200円アップにしてもらえたのは感謝しているんですがね。。

これから派遣就業をお考えの方に伝えておきたいこと

派遣会社に登録しようと検討されている方は、人それぞれの事情があると思います。

私のようにステップアップのつもりで派遣社員になった人がいれば、正社員になる機会がなかなか見つからず、仕方なく派遣社員として働こうと考えている人もいらっしゃると思います。

これから派遣に登録して働こうと思っている方に私がアドバイスできることは、派遣社員という立場では、仕事の作業スキルは上がっても、ビジネスマンとしてのスキルアップは困難だということです。

会社組織に正社員として所属していないと、作業能力は上がっても、スキルアップや能力向上に向けた後押しは組織からバックアップしてもらえませんし、自分が強い意志を持って仕事をしていなければ、本当の意味でのスキルアップは望めません。

ですが、派遣の場合は、中途からでも大企業で働いて経験を積めるメリットもありますし、中小零細企業の正社員でサービス残業をして毎日深夜帰宅、上司や会社にボロボロにされて退職するよりよっぽど良いです。

色々なメリットデメリットを理解したうえで、派遣を選ぶようにしてください。