アデコ(千葉県松戸市)に登録して大学事務した体験談

派遣会社 アデコ
松戸支社(千葉県)
登録時の年齢、性別 22歳 女性
仕事内容 聖徳大学通信教育部の
大学事務
時給 1,300円
派遣会社のスタッフの対応は良かった? とても良かったです。
アデコ松戸支社と就業先が近くにあり、何か困ったことがあれば、電話するよりも先に支社へ行って相談していました。
いつも親身になってくれ、頼りがいがありました。

アデコ(千葉県松戸市)に登録した経緯

短大を卒業した後、いつまでも日雇いのバイトをしている自分に嫌気がさした時に、派遣会社の登録説明会があることを、偶然求人情報誌で知ったのがアデコの派遣に登録したきっかけになります。

アデコの求人には「大手企業での事務」や「大学での事務」と言った内容が記載されており、それまでとは違う世界の仕事に、その言葉だけでテンションが上がります。

ただ、自分が何の職業の仕事がしたいかは明確には思いつきませんが、「事務系に就きたい」という大雑把な希望だけがありました。

ただ、私自身、接客業や倉庫系の仕事ばかりをしていたので、事務職の経験も知識もありません。

そういった悩みを、アデコの登録説明会の時に派遣会社の方に質問したところ「そういう方が殆どですし、慣れるまでは簡単な事務作業の就業先をご案内します。」と言ってくれたので、安心して登録することができました。

聖徳大学通信教育部での大学事務

アデコへの登録後間もなく、登録前から気になっていた大学事務の仕事を紹介してもらい、無事、聖徳大学通信教育部の事務員として働かせていただけることとなりました。

こちらでは、通信教育部の事務所に届いた、通信教育部の生徒さん達からのレポートの仕分けや、それを各担当の先生方にお送りする手配、また、先生から返された後、今度は生徒さんへの返送手配、専用のシステムに生徒さんの情報を入力するなどの業務をやっていました。

その為、基本的に電話を取るということもありませんし、日々同じ仕事の繰り返しなので、仕事内容はそれほど難しいものではありません。

不定期の仕事としては、通信教育部の試験が数か月に一度大学で開催されるので、その時に試験監督の補助のお仕事もやったことがあります。

担当の社員さんは同世代でしたし、何か困ったことがある時は聞きやすい環境にありました。

その時には、大学内に派遣の事務員が3人いたのですが、一度、担当の社員さんに派遣社員3人全員が呼びだされ、別室で話をしたことがありました。

何か失敗してしまったのか?と思いきや、言われた言葉は「最近、大丈夫ですか?その、彼女の件で…。」というもの。

実は、お局様が一人いたのですが、その方からの派遣社員に対する態度が酷かったのです。

その為、極力関わらないようにしていたのですが、何故か向こうから関わってこようとしていたので、誰に相談すればいいのか?と困っていたところだったので、その一言が本当に嬉しく思えました。

こちらが言い出しにくいことを、先に回って聞いてきてくれた社員さんに感謝しかありませんでした。

アデコに対する評価・口コミ・評判(※本音でお答えください)

通信教育部での仕事は1年程で終了したのですが、その後もアデコの派遣社員として働いていました。

大学事務を終えた後は、単調な仕事が好きなので、データ入力の仕事ばかりをしていました。

アデコに登録してみて実際に派遣社員として働いてみた感想は、連絡をくれないとか困ることもあり、すべてが良いことばかりではありませんでした。

ですが、私一人の担当さんではありませんし、営業さん達はたくさんの仕事をしなくてはならないので、多少のことは仕方がないんじゃないかなと思います。

通信教育部で働いていた時の担当さんは、よく気にかけてくださり、「仕事終了後、相談があるから」と突然押し掛けた私たちに、嫌な顔一つせず話しを聞いてくれていました。

対等に話をしてくれるその担当の方に信頼をおいていましたので、通信教育部での仕事が終わった後は、違う支店の違う営業さんが担当につくと知り、少しショックでした。

派遣の役割とメリット。実際に働いてみて感じたこと

最近「非正規雇用での労働は、云々」なんていう言葉をよく耳にしますが、実際派遣社員として働いてきた身としては、「だから?」という感じです。

私は派遣社員(非正規雇用)は社会の悪だなんて微塵も思いません。

だって、実際に派遣社員を求めている会社はたくさんありますからね。

会社が派遣に対して求めているのは、「仕事をきちんとこなしてくれる人」です。

正社員が一日中山積みにされたレポートの処理に追われるわけにはいきませんし、紙媒体のデータをひたすら専用システムに打ち込むだけの仕事をするわけにも、当然いきません。

正社員の場合は、派遣社員にはできない、他に責任ある仕事をしなくてはいけないからです。

ですが、そういう仕事を淡々と真面目にこなしていく人も当然必要で、それが「派遣社員」だと思っています。

もちろん、自分のステップアップにも繋がりますし、残業が少ない就業先でしたら、自分の為に有効に使える時間も増えるメリットもあります。

私は常に残業がない職場を選んでいたので、その後スクールに通って資格を取得しました。

派遣社員として働くことのメリットは、たくさんあるので、迷われている方は登録説明会などに参加してみてはいかがでしょうか。