派遣の求人が多い時期は何月?

派遣に登録して就職活動を始めようとしている人も、新たに次の派遣先を探している人も、派遣の求人が多い時期があるのなら、その時期を狙いたいと思うのは当然ですよね。

なるべく早く次の就業先を見つけて、ブランクなく働きたいというが本音でしょうからね。

ここでは、派遣の求人が多い時期や求人数の少ない時期について紹介しながら、派遣社員が就職活動をするタイミングについても考察したので参考にしてください。

派遣の求人が多い時期は何月なのか?

新卒社員の入社時期は、ほとんどが”4月”と限定されていますが、新規の派遣スタッフの募集には明確な時期が決まっている訳ではありません。

ですが、派遣社員の募集求人数が時期・季節によって増減することは事実です。

比較的、派遣の求人が多く出回る時期は

  • 3月
  • 7月
  • 9月

これらの月は、一般的に派遣スタッフの募集が多くなる傾向にあります。

でも、何で3月7月9月と決まった月に求人が増えるのでしょうか?それぞれの時期の特徴について解説します。

3月は新年度スタートに伴う求人多数

3月は新年度に向けて一年でも最も求人数が多くなる時期。

企業は新入社員の募集に力を入れていますが、社会人としての基本から学ばなければならない為、新入社員は研修して育てていかなければならないので、即戦力にはなりません。

そこで、経験のある派遣社員が重宝されるのです。

年度初めに、新たなプロジェクトがスタートするのに合わせて、派遣社員を募集する企業も多数あります。

この3月~4月の新学期の時期は、4月から新たにお子さんを保育所に預け、働けるようになるママさん派遣が増えることも企業は想定済み。

企業側は、より良い人材を確保するのに必死なので、派遣社員として復職する人が多くいることを分かった上で、この時期に求人を出す企業も多いのです。

7月はボーナス後の人員補てんと夏季イベントの求人

4月以降、一旦派遣スタッフの募集は落ち着きを見せますが、7月になるとその数はまた上昇に転じます。

求人数が増える背景にあるのは、夏のボーナスを貰った後に会社を辞める正社員が多数いること。

また、正社員のボーナス後の退職以外にも、夏のシーズンは短期イベントに派遣される求人も増加傾向にあります。

短期アルバイトや派遣は、時給や日給がかなり良いので、イベント時期に合わせて求人が多くなる特徴があるのです。

9月は人事異動に伴い増加する派遣求人

企業の多くは、9月末で上半期を終え、10月から下半期がスタートします。

この頃になると、4月に入社した新入社員も研修を終えて一人前になり、その分先輩社員に発令が出るのです。

下半期に入ったタイミングで大きな人事異動がある企業は多く、その人員補強の為に即戦力となる派遣社員の需要が高まるのです。

会社全体で考えても、人事異動で社内の雰囲気が変わるタイミングでもあるので、新たに派遣される方も、社内の雰囲気に自然と溶け込みやすい環境にあるのが9月なのです。

紹介予定派遣の求人が多くなる時期もあるの?

紹介予定派遣も一般の派遣と同じ時期に求人数が増加する傾向にあります。

ですが、紹介予定派遣の場合は、6カ月の派遣期間後に直接契約に切り替わることになるので、直接雇用の切り替えのタイミングを”4月”に合わせようとする企業が多い傾向にあるのです。

それを逆算すると、紹介予定派遣の求人は「10月以降の秋から冬にかけて」が、特に多くなるのです。

派遣の求人が少ない時期はいつなの?

では、派遣スタッフの募集が少なくなる時期はいつなのかと言うと

  • 2月
  • 8月

暑さと寒さの影響もあり、消費者の購買意欲が落ち込むと言われている二八(ニッパチ)が求人数が落ち込む傾向にあります。

期末を控え、嵐の前の静けさがあるのは、派遣の求人に関しても同じです。

派遣に登録した人が、就職・転職活動しやすい時期はいつ?

派遣社員で新たに仕事を始める人が、就職・転職活動をしやすい時期は、上記で挙げた求人数が多い月の「1~2カ月前」です。

求人数が増える時期に登録して、就職・転職活動するのも間違いではありませんが、それだとちょっと遅い。

求人数が多い月になってから人材派遣会社に登録をしているようでは、スタートダッシュに出遅れ、良い求人はどんどんスタッフが決まっていってしまうので、登録は早めに済ませ、求人数が多くなる時期より少し前から本格的に就職活動が出来るように準備しておきましょう。

派遣の求人が多い時期に転職活動をするメリットは?

募集が多いタイミングを狙って就職・転職活動をするメリットとしては

  • 派遣求人の絶対数が増加し、希望に合った仕事を見つけやすくなる
  • 選考に落ちてしまっても、すぐに他の求人に応募出来るので、就業までがスムーズ
  • 同時期に就業する派遣社員の同期の仲間が出来る可能性が高い

派遣の募集が多い時期に転職活動をすると、求人数が増える分、自分の希望する仕事を見つけられる可能性が高くなりますし、希望条件に沿う派遣先をいくつも見つけられれば、もし、選考に落ちてしまっても、直ぐに別の求人に応募することができますし、就業までの時間も短くて済むようになります。

派遣の求人が多い時期は「複数名募集」「大量募集」と求人に記載されているケースも多いので採用もスムーズですし、派遣先で「同期」が出来る事もあり、心強い存在となるでしょう。

求人数が多い時に転職活動をしないとダメ?

求人数が多い時期、少ない時期についてご紹介してきましたが、派遣スタッフの募集が多い時に転職活動を行うのが必ずしも正しい訳ではありません。

求人数が増えれば、絶対に自分の希望条件を満たす派遣先が見つかるとも限りませんし、募集が沢山ある時期は、その分、応募者数も多いということでもあるのです。

つまり、1つの求人に対する競争倍率で考えれば、必ずしも求人数が多い時期が狙い目だとも言い切れないのです。

3月~4月、7月、9月は、人材派遣会社は繁忙期にあたりますが、応募が多い繁忙期よりも、求人数の少ない時期の方が、派遣会社の担当者も時間に余裕を持っているので、より一層親身になって就職活動のサポートをしてもらえる可能性も高いので、一概に求人が多い時期を狙って就職活動すれば良い訳ではないのです。

派遣スタッフの募集が増える時期は存在しますが「その月じゃなければ良い派遣先を紹介してもらえない」という訳ではありません。

求人数が増加する時期は、ライバルの応募者が増えるので、希望する派遣先も就業できる可能性は低くなってしまう場合もあるので、そこまでこだわる必要はないんじゃないでしょうか。