半年以上も仕事が決まらない無職が今すぐ派遣会社に登録するべき6つの理由

この記事は、半年以上仕事を探すも、なかなか正社員の仕事が決まらないでいる無職、ニートの男性に向けて記事を作成しています。

働くならなるべく正社員として採用してもらえる仕事に就職するに越したことはありません。

ですが、「半年以上も仕事が見つからない、不採用が続いている、なかなか採用してもらえない」となると、なかなか採用されない正社員の仕事に固執しすぎるのも考え物です。

そこで提案させていただきたいのが、派遣会社に登録して一時的にでも収入が得られる状態を作ること。

人材派遣に対して、あまり良いイメージがない人もいるかもしれませんが、派遣で働くメリットは沢山あり、例えば、人材派遣で働いて収入を得ながら、正社員の仕事を探すこともできるのです。

ここでは、仕事が決まらないと悩む無職・ニートの人が、派遣に登録すべき理由とメリットについて紹介しています。

20代、30代、40代、歳をとるにつれて、正社員の採用が厳しくなっている昨今、今の状況を脱出するには、まずは早く働いて収入を得られる状態を作り出すことから始めてみましょう。

半年以上も仕事が決まらない無職・ニートが派遣に登録するべき理由

「すぐに仕事が見つかる」無職・ニートでも紹介可能な仕事多数

「派遣登録から就業まで最短即日」
「派遣登録から3日で就業」

即日就業はそこまで多くはありませんが、すぐに仕事が決まることが多いのは人材派遣を利用する大きなメリットです。

正社員の仕事が決まらないのは、やはりその業界で即戦力になるかどうか怪しいと思われてしまっているからだと思います。

経験不足、スキル不足を補うためにも、一旦つなぎで派遣の仕事を探して、派遣で働きながら正社員の仕事を探すことを考えてみるべき。

すぐにお金が欲しい、働きたいなら、人材派遣会社を活用するべきです。

派遣会社に登録して仕事探しをすれば、数日で派遣先が決まる事は全く珍しくありませんし、すぐに働き始められるのは大きなメリットです。

仕事探し、応募、面接、就業まで完全サポート。だからすぐに仕事が決まる

正社員への就職・転職を行う場合、自分で働きたい企業を探し、応募から面接まですべてを一人で考えて挑まなくてはなりません。

履歴書にエントリーシートも、作成に時間も労力もかかるというのが本音ではないでしょうか。

それに、なかなか採用に至らないと、どんどん不安は募って、焦りも出てくると思います。

一人で就職活動をしている人の中には、自分のスキルや適性をきちんと理解しないまま、がむしゃらに就職活動をしている人も多く、それがなかなか採用してもらえない現実に繋がっているケースもあります。

しかし、派遣会社に登録して仕事を探せば、自分の希望する業種や職種、仕事内容等を伝えれば、派遣会社の担当者があなたの経験値や適性を見極めた上で、希望に沿った求人を紹介してくれます。

仕事の応募、履歴書の書き方など、すべてを派遣会社の営業担当者と相談しながら職探しが出来る事も、派遣会社を利用するメリットです。

人材派遣会社への登録は無料

派遣会社への登録・利用は、お金が一切かかりません。

無料ということは多くの人が認知されている情報だとは思いますが、中にはサービスにお金を取られると思っている人も一部いますので、知っている方にとってはしつこい情報かもしれませんが、登録・利用すべて無料ということを再度お伝えさせていただきます。

特に半年、1年以上も仕事が決まらない無職者は、かなりお金にシビアな状態が続いていると思います。

ですが、派遣登録・求人紹介から就業まで無料でサポートしてくれるので、安心して納得のいく仕事を探してください。

未経験や初心者でも応募可能な求人多数

派遣会社の求人を見ると、無資格未経験でも応募可能な求人が多い特徴があります。

業界最大級のテンプスタッフの派遣求人見ると、全求人の約30%が「未経験者歓迎」の求人なのです。

30%という数字が多いか少ないかは個人の考え方にもよりますが、「通訳・翻訳」「金融事務」「IT関連」など、専門知識を必要とする職種が含まれている中での30%なので、誰でも採用してもらいやすい求人が多数あるのです。

職種を一般事務に絞ると全体の約70%が未経験者OKの求人。

軽作業の場合は、全体の約80%もの求人が未経験者歓迎となっているなど、応募可能な求人が多いことが実際の求人からも良くお分かりいただけると思います。

いきなり正社員を目指すより、派遣社員として働き始める方がハードルが低く、仕事も決まりやすいのでおすすめです。

派遣の方がアルバイトよりも高時給

一般的に、派遣社員の時給はアルバイトよりも高く設定されています。

たとえ時給が「50円しか違わない」と思っても、長期間働けば、少しの差が大きな違いを生みます。

無職の期間が長くなるにつれて、経済的にも厳しい状況になってくる人もいると思うので、少しでも多く稼ぐ為にも、パートやアルバイトではなく人材派遣を選択することをおすすめします。

派遣会社によっては、詳細検索やこだわり検索で「高時給」にチェックを入れて検索する事も可能です。

紹介予定派遣や常用型派遣で安定雇用も目指せる

仕事がなかなか決まらないと悩んでいる人の中には、良い企業で長期間安定して働きたいというのを条件に仕事を探している人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが、紹介予定派遣や常用型派遣という働き方です。

人材派遣会社にもよりますが、一般的に認知されてる登録型派遣の他に、「紹介予定派遣」「常用型派遣」という働き方を選択することも可能になります。

 

紹介予定派遣とは、最大6か月間、派遣先で勤務した後に、派遣社員と派遣先企業の双方が合意すれば、直接雇用(正社員や契約社員)を結ぶ事を前提としている制度です。

せっかく苦労して就職活動を行い正社員になっても、

「実際に働いてみたら、仕事内容が想像と違った」
「職場の人間関係が最悪だった」
「サービス残業ばかりのブラック企業だった」

など、就業前のギャップが原因ですぐに離職してしまう人も少なくありません。

しかし、紹介予定派遣の場合は、実際に仕事を経験してから契約を結ぶ事が出来るので、「こんな会社だとは思わなかった」というミスマッチを防ぐメリットがあるのです。

 

常用型派遣は、派遣会社と無期限の雇用形態を結ぶという点がポイント。

登録型派遣の場合、一つの派遣先との雇用契約が終了すると、次の派遣先が決まるまでの間、収入が途絶えてしまうという点があります。

ですが、常用型派遣は派遣会社と無期限の雇用契約を結んで派遣先企業で勤務をするので、一つの派遣先との契約が終了して、次の派遣先がすぐに決まらなくても、その間の給与が支払われる、月給制で昇給や賞与、交通費の支給があるという点もほとんど正社員と同じで、このへんは常用型派遣で働くメリットです。

仕事が決まらないと焦る気持ちは分かるが、そんな時こそ妥協するべきではない

半年、一年と仕事が決まらなければ、焦る気持ちも出てくるでしょうし、経済的にも不安な日々を過ごさなくてはなりません。

そして何より不採用が続けば「自分には価値がないんじゃないか?」と社会進出を考えさせられるようなネガティブな気持ちも出てくることもあるでしょう。

 

ですが、「早く就職しなきゃ!」と焦って、ブラック企業の様な悪質な会社に就職してしまっては、元も子もありません。

 

見切り発車で就職した先がブラック企業だと、仕事環境が過酷過ぎて、またすぐ無職になってしまう恐れもありますし、過労によってうつ病などを発症してしまうなど、体調を壊す恐れもあります。

こうなっては本末転倒で元も子もありません。負のサイクルにどんどんはまってしまうだけです。

だからこそ、焦らずにしっかりした就業先を見つけられるように基盤を整える事が重要になります。

派遣で働くという選択は一見間違った選択肢にもとらえられることもありますが、紹介予定派遣で正社員になることができたり、大手企業で実績を積める、生活できる給与を手にすることができるなど、派遣で働くメリットは沢山あります。

仕事がなかなか決まらないと悩んでいるなら、派遣でつなぎの仕事を探すなど、まずは生活できるだけの収入基盤を作りつつ、派遣で働きながら正社員の仕事を探してみましょう。