テクノプロR&D社という派遣会社ってどう?評判・口コミを登録者に聞いてみた

この記事は株式会社テクノプロ テクノプロ・R&D社での就業経験のある方にお話をお伺いしています。

テクノプロ・R&D社ってどんな派遣会社?

テクノプロR&D社は、テクノプロホールディングスのグループ企業で、ライフサイエンス部門における国内最大手の特定派遣会社

です。

テクノプロR&D社の最大の特徴は、『修士・博士の学位取得者がおよそ80%以上を占めている』ことです。

また、専門分野が「有機化学・高分子化学・遺伝子工学・再生医療分野」など多岐にわたるため、あらゆるニーズに応えることができます。

ただ単に作業の補助を行うだけでなく、高度な研究支援が同社の売りです。

化学・ライフサイエンス分野における受託サービスも展開しており、あらゆる角度からの研究支援を行なっている派遣会社です。

株式会社テクノプロ テクノプロ・R&D社の基本情報

派遣会社 株式会社テクノプロ テクノプロ・R&D社
本社所在地 〒106-6135 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー35階
電話番号 03-5410-1012
主な業種 化学・バイオ分野に専門特化した研究開発事業
及び医薬分野における臨床開発事業
給料日 月末締め、翌25日払い
HP https://www.technopro.com/rd/

テクノプロ・R&D社の特徴は?

テクノプロR&Dの特徴

  • 最低でも修士卒を採用しており、研究者としてのレベルが高い社員が多い
  • 全国に支店が11社あり、各地域での対応が可能
  • 自社・外部での研修制度が充実
  • 全国勤務が困難な社員には、特定のエリア内での勤務可能
  • 社会人博士制度の導入

テクノプロR&D社は、ライフサイエンス分野特化の特定派遣会社です。

特定派遣会社ですので、従業員は全員テクノプロR&D社の正社員になり、従業員寮・賞与・昇給制度などの福利厚生が充実しています。

主なクライアントは、製薬会社や食品会社などの研究所や、公的機関の研究開発部門です。

修士・博士卒、ポスドクを採用しているため、非常に派遣社員の質が高く、そのため派遣費用は同業他社と比較してやや高めです。

結果として、クライアントは上場企業などの大手が多く、信頼できる高度な研究施設での勤務が可能です。

また、現状のスキル以上の能力を身に付けたい社員には、外部での研修への参加を積極的に勧めております。

さらに、修士卒の社員には社会人博士取得の支援も行っており、社員一人ひとりの質の向上を会社の責務として実施する特定派遣会社です。

テクノプロ・R&D社の応募方法と就業開始までの流れ

STEP① 入社

新入社員の募集要項は、大学院もしくは6年生大学に在学中の学生。

中途採用社員の募集要項は、ポスドク、任期付研究者など研究職に従事している人。

派遣されるまでは、現住所に近い支店での勤務を行います。

 

STEP② スキルシート作成

入社後、過去の実績や研究内容、成果をもとにクライアントのニーズに合致しているか判断しやすいように、個人のスキルを簡潔にまとめます。

所属支店の営業だけでなく、社内のDBは全国で共有されているため、早い者勝ちで営業から個人へ直接連絡があります。

 

STEP③ 健康診断

様々な化学物質を使用している可能性が高いので、法律に則って健康診断を行います。

 

STEP④ 職場見学

スキルシートを元に営業とクライアント間で打ち合わせを行った後、就業を前提とした派遣先への職場見学を行います。

これにより相互の理解を深め、業務の開始を円滑にします。

 

STEP⑤ 就業確定と就業開始

希望勤務開始日を営業に伝え、営業と派遣先間で日程を調整、確定します。

テクノプロ・R&D社の特定派遣で働いた人の評判・口コミは?

あなたも口コミを投稿しませんか?

要CHECK↓ テクノプロR&D社で就業経験のある方に、派遣会社としての評価をお聞きしました。

口コミ体験談

学生の時、研究そのものではなく「研究の支援を行って技術力を高めたい」と思っていました。

製薬会社や研究機関では、技術者の公募を積極的に行っていなかったため、様々な業種へチャレンジできるであろうテクノプロR&D社へ入社しました。

 

テクノプロR&Dでは、派遣されるまでは所属支店での勤務になります。

営業先リストの作成や電話対応など、少々単調な勤務になりますが、研修を受けることが可能で、何もすることがないという事態は避けられます。

 

しかしながら社内の研修は、使用する分析機器などが古い型である場合が多いです。

そのため、技術的なスキル向上にならなかった点が不満でした。

 

2ヶ月に1度、所属支店単位で派遣社員が集まる定例会という日があるので、横のつながりは得られやすいです。

ですが、それ以外は同期や他の派遣社員との関わりはあまりありません。

 

専門職ですがとくに高年収でもないので、この評価とさせていただきます。

 

30歳男性/修士卒/製薬会社での研究職/年収350万円
評価(★★☆☆☆2.8)最大5

平均:  
 2 口コミ
長い期間いる会社ではありません
評価:

給与改定は在籍支店の支店長に一任されており、基本給も大して高くないのに、改定幅も小さいです。病気をすると万円単位で基本給が下がります(経験談)。営業マンの能力が低く、殆んどの技術者員が役不足な業務を行なっています。技術者員のレベルは比較的高いと思いますが(5年前くらい前から、中途入社社員を手当たり次第に採用するようになった気がして、全体のレベルが下がったように感じますが)、社員の士気はあまり高くないように感じます。定年まで所属する人は、自宅から通える職場を求める能力の高い結婚後の女性くらいで、家庭を持ちたいと考えている男性社員はまず間違いなく転職します(将来を考えたときに、子供を育てるだけの給与が貰えないことを、入社数年で判ってしまうため)。派遣先に要求する派遣料が、他の派遣会社と比べて極めて高額なため、不況時にとても弱い会社です。派遣先からの買取オプションも、その対象社員の1年間の派遣料以上を要求するため、余裕のない企業では行使できません(裏技として、派遣先の会社に自分で応募をして採用されれば、文句をつけられないみたいですが)。とりあえず言えることは、転職先が見つからず、一時凌ぎで入社するのは良いですが、入社してからも転職活動は続けて、早期に退社することをお勧めします。

元在籍社員 さん 
2020年04月19日
優秀な研究者がたくさん
評価:

転職活動をするまでは、正直テクノプロR&D社のことを知りませんでした。調べてみると優秀な研究者を多数採用しているとのことで、縁あって入社させていただきました。レベルの高い環境の中でついていけるかは最初は不安でしたが、切磋琢磨して研究者としてのレベルも上げることができています。自分の力を試す場所としては丁度良い緊張感の中でやれているので、最先端の技術に触れながら自らの研究レベルを高めていきたい研究者の方におすすめです。

製薬会社 さん 
2020年01月27日
口コミを投稿する
1
2
3
4
5

送信する

キャンセル

口コミを投稿する

テクノプロ・R&D社の派遣登録はこんな人におすすめです

こんな人にオススメ

  • 好奇心旺盛で物怖じしない人
  • 研究支援を行いたい人
  • スキルを磨き、様々な技術を習得したい人
  • 一所に留まらず、多様な環境で働きたい人
  • 自身の価値を明確に把握し、さらに向上したい人

テクノプロR&Dでは、同じ派遣先に長期間派遣されることもありますが、割合としては3〜5年で他の派遣先に移ることの方が多いです。

そのため、一つの分野を研ぎ澄ますのではなく、多岐にわたる知識や技術を身につけることが必須になります。

このことからも、様々な事柄に興味を持ち、積極的に周囲を巻き込み自分の力に還元できる人が向いているかと思います。

所属は正社員ではありますが、派遣社員ですのでいわば「商品」です。

そのことを認識し、かつ利益に貢献できる人は間違いなくエースになれるでしょう。

研究開発職に強い理系の派遣会社おすすめ8社を比較

2019.11.12
よく比較される派遣会社
 icon-arrow-circle-right トライアングル

 icon-arrow-circle-right WDB