派遣会社『マイナビスタッフ』ってどう?求人の特徴や評判・口コミもあわせて紹介

マイナビスタッフは「株式会社マイナビワークス」が運営する人材派遣会社で、全国に8箇所の拠点を持っています。

総求人件数は全国に『2500件』の取り扱っており、その内の『約7割が関東・関西エリアの求人』になります。

個人的には、大手派遣会社の求人数を知っているので、マイナビスタッフには少し物足りなさを感じます。

掲載している求人情報は、全体の『約70%が事務職やクリエイティブ職の求人』です。

その他は、販売・接客サービス、テレマーケティングなどの求人を取り扱っており、未経験からでもチャレンジできる求人や、子育てや介護などとの両立が可能な求人も募集されているのが特徴です。

マイナビスタッフへの登録は、WEBから登録会を予約し、来社しての本登録が必要になります。

この記事では、マイナビスタッフの特徴や利用者の評判について紹介しますので、登録を検討中の方はぜひ参考にして下さい。

マイナビスタッフ登録会場一覧
北海道〒060-0002
北海道札幌市中央区北二条西3丁目1番地20号 札幌フコク生命越山ビル 9F
東京〒163-1527
東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
横浜〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-19-12 横浜スカイビル19F
名古屋〒450-6209
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア9F
京都〒600-8008
京都府京都市下京区長刀鉾町10 京都ダイヤビル7階
大阪〒530-0011
大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 30F
神戸〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通7-1-15 三宮ビル南館9F
九州〒812-0012
福岡市博多区博多駅中央街8番1号 JRJP博多ビル7F

派遣会社『マイナビスタッフ』の求人の特徴3つ

① マイナビスタッフが力を入れる職種・求人について

マイナビスタッフの求人の職種別の割合を詳しく見ると、

この職種に力を入れてます
  • 事務 40%
  • クリエイティブ 32%
  • 販売、接客サービス 8%
  • テレマーケティング 4.7%
  • IT、技術 4.5%
  • 医療介護 4.3%
  • 営業 2.6%

事務職とクリエイティブ職だけで全体で70%以上となっており、マイナビスタッフがこの2つの職種に力を入れている事が分かります。

マイナビスタッフは「未経験可能」「週4日以内OK」などの求人にも対応していて、一人一人の適性やスキル、希望に合わせた求人紹介を行なっています。

② 企業名公開の大手企業求人を掲載

マイナビスタッフでは、全国で「約100件」企業名を公開している求人が掲載されています。

具体的に掲載されている派遣先には、

マイナビスタッフに掲載実績のある大手企業
  • 学校法人立命館
  • マイナビワークス
  • リクルートライフスタイル
  • 日清食品ホールディングス
  • ラッシュジャパン
  • 日テレグループ
  • 博報堂
  • クリナップ
  • DHC

ズラリと大手企業が並んでおり、この辺はマイナビの持つ力を窺うことができます。

③ 関東・関西の派遣・紹介予定派遣に力を入れている

マイナビスタッフでは総求人数「2588件」、紹介予定派遣求人「503件」の求人を取り扱っています。2017年9月調べ

エリア別の求人数を見ると、

マイナビスタッフ地域別の求人数
  • 関東 1107件
  • 関西 792件
  • 北陸・甲信越・東海 327件
  • 北海道・東北 131件
  • 中国・四国・九州・沖縄 231件

となっており、関東・関西を中心に事業展開していることが窺えます。

マイナビスタッフで働く派遣の給料はどのくらい?

マイナビスタッフに登録して働いている派遣社員の時給は、職種や仕事内容、各自の持つスキルによって異なります。

1番募集の多い東京都内の求人に焦点を当てると、オフィスワークに関しては「時給1400円〜1600円前後」での募集が多く、クリエイティブ職になると「1600円前後」が時給相場の目安になります。

これを月給に換算すると、マイナビスタッフの派遣で働く人の毎月の給料は、

 

1,600円×7時間×21日=『235,200円+残業代』

 

となり、残業込みだと総支給25万円以上は見込めるかと思います。

マイナビスタッフの福利厚生

マイナビスタッフに登録して働いている派遣社員は福利厚生を利用することができます。

派遣社員であっても、一定の条件を満たした場合には社会保険などへの加入が義務付けられています。

こんな福利厚生が利用できます
  • 労災保険
  • 雇用保険
  • 厚生年金保険
  • 健康保険
  • 予防接種
  • 人間ドックや脳ドックの補助
  • 健康診断
  • 有給休暇
  • 福利厚生倶楽部(様々な施設やサービスの優待、割引)

福利厚生制度がきちんと整っているかどうかは、派遣会社を選ぶ時の重要な要素ですが、この辺に関しては安心して登録できる派遣会社でしょう。

マイナビスタッフは『毎日新聞健康保険組合』が適用されます。

マイナビスタッフの派遣登録から就業開始までの流れ

STEP① 登録会予約

マイナビスタッフへ登録するには、必ず『来社』しての本登録が必要になります。

マイナビスタッフのホームページ、もしくは電話で最寄りの拠点に登録会の予約をとります。

 

STEP② 登録会参加

予約した日時に指定の登録場所に来社します。

希望する条件やスキルなどを伝えて登録が行われます。

登録用紙の記入、スキルチェックテスト、カウンセリングなどが実施されます。

 

STEP③ お仕事紹介

登録情報を元に、マイナビスタッフの担当者から最適なお仕事の紹介してもらいます。

詳しい条件や仕事内容について質問があればその場で聞いておきましょう。

紹介予定派遣を希望する場合は、同意の上で履歴書を派遣先に送付したり、派遣先企業での試験や面接を受ける必要があります。

 

STEP④ お仕事決定

就業先が決まると、正式にマイナビスタッフと雇用契約、派遣契約を結び、お仕事スタートとなります。

就業後も、マイナビスタッフの担当者が様々なサポートをしてくれるので安心です。

登録時の服装や必要な持ち物

【必須持ち物リスト】

・身分証明書
・職務経歴書
・ポートフォリオ、作品(クリエイティブ職希望者)

マイナビスタッフの派遣登録会に参加する時の服装は指定はありません。

しかし、サンダルやハーフパンツなど、カジュアルすぎる服装は控えておいた方が良いでしょう。

不安な人はスーツで行くのが無難な選択です。

【所要時間目安】

マイナビスタッフの登録会の所要時間は『60〜90分』です。

マイナビスタッフで行われるスキルチェックの内容は?

マイナビスタッフでは、派遣登録時に簡単なスキルチェックを行います。

スキルチェックの内容
  • パソコンの打ち込みのスピードの測定
  • エクセルでの計算式の挿入
  • ワードでの文字のフォント大きさ変更
  • 問題に沿った書類の校正作業(日付を変更、誤った言葉使いなどの変更)

という感じで、支給されたパソコンで、30分程度スキルチェックテストを行います。

難易度は高くはありませんが、パソコン初心者や打ち込みが遅い方だと少し難しく感じるかもしれません。

このスキルチェックテストは、「どのくらいのスキルがあるのか?」を参考程度に調べるためで、点数が悪いから仕事が紹介してもらえないとかではないので、肩の力を抜いて取り組んでください。

ただ、なるべく高得点を取りたいなら、事前にエクセル、ワードの基本操作を勉強・復習しておくと良いでしょう。

マイナビスタッフとマイナビ派遣の違いは?

マイナビスタッフは派遣会社で、登録スタッフに、仕事を紹介したり、登録している転職希望者に、仕事を紹介する人材紹介サービスです。

一方、マイナビ派遣は、派遣の仕事情報(求人)や派遣会社の情報などを提供する情報サイトです。

マイナビスタッフの評判や口コミはどう?

マイナビスタッフは登録するべき派遣会社なのか?評判を調査したところ、全く口コミを見つける事ができませんでした。

登録者からの口コミを募集したところ、数件だけ応募があったので、そちらを紹介させていただきます。

口コミ

「派遣登録に行った時のマイナビスタッフの担当者の対応が良かった。信頼して相談できる人が働いているかどうかは結構重要です。(男性)」

「WEBデザイナーやディレクターなど、クリエイティブ系のお仕事に力を入れてるのが、マイナビスタッフの良いところだと思います。(女性)」

「アフターフォローの面では、何かない限り連絡は来ないので、頻繁に連絡を取るのが好きではない私にとってはとても助かっています(女性)」

「マイナビスタッフでは若い方が多く働いており、私の担当してくださっている営業スタッフも同年代の女性の方なので何かあれば気軽に相談できます(女性)」

「福利厚生が充実している。宿泊施設や映画館での割引や、健康診断も年に2回大きな病院で細かく診てもらえます。(女性)」

『マイナビ』というネームバリューはあるものの、人材派遣業界での認知度はまだあまり高くないので利用者も少なく、まだまだこれからの派遣会社なんじゃないかなと思います。

口コミ件数も少ないので、あまり評判は気にせず、登録して利用してみるのが1番話が早いんじゃないかなと思います。

私が考えるマイナビスタッフの強みと弱み

【強み】

  • 関東・関西で派遣の仕事を探しているなら登録する価値あり
  • 事務職、クリエイティブ職に力を入れてるので、その職につきたいなら登録する価値あり
  • マイナビ独自のルートで紹介できる大手企業の求人あり
  • マイナビグループならではの福利厚生が利用できる

 

【弱み】

  • 地方、郊外の求人数が少ない。おすすめエリア以外に住んでる方には不向き
  • 設立からの歴史が浅く、派遣会社としての実績は少なめ
  • 拠点が全国に8箇所しかない。本登録は来社が必要
  • そもそも求人件数が少ない

 

マイナビグループのネームバリュー感はありますが、設立からまだ期間が少ないので、十分な実績があるとは言い切れません。

また、拠点が全国に8箇所しかなく、地方や郊外の求人数も乏しい点もデメリットです。

おそらく今の段階で地方の方が登録しても、全く役に立たない可能性が高いので、派遣登録を真剣に検討するなら『テンプスタッフ、アデコ、リクルートスタッフィング』など、大手で実績があり、求人数も豊富にある派遣会社への登録をおすすめします。

マイナビスタッフに関しては、「これからが期待の派遣会社」というのが私の個人的な印象です。

マイナビスタッフの特徴から考える派遣登録するのがおすすめの人とは?

派遣登録はこんな人にオススメ

  • 関東(東京、神奈川、千葉、群馬、茨城、栃木)、関西(兵庫、京都、奈良、大阪、滋賀、和歌山)で仕事を探している人
  • 知名度の全くない派遣会社に登録したくない人
  • マイナビ独自のルートで紹介してもらえる企業の求人を紹介してほしい人
  • できるだけ福利厚生がちゃんとしている派遣会社を希望している人

マイナビスタッフに登録を検討している人で、これだけは絶対に見てほしい条件は『地域』の確認です。

関東・関西以外の人が登録しても、ほとんど求人は無いので、まずは対象地域に当てはまるかどうかを確認することが大切です。

関東、関西にお住まいであれば、登録する価値は十分あると思います。

人材紹介業界では、圧倒的な知名度を誇る「マイナビグループ」だからこその福利厚生も充実しているので、迷っているならまずは登録してみてはいかがでしょうか。

社名 株式会社マイナビワークス
住所 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
最寄り駅 新宿駅
代表者 代表取締役社長 滝口 裕之
資本金 1億円
設立 2016年12月1日
株主 株式会社マイナビ100%
許可番号 13-ユ-308164
ホームページ https://staff.mynavi.jp/