外資系企業に強い派遣会社ランキング|おすすめ6社

外資系企業の人材派遣で働きたいなら、外資系企業の求人を多数取り扱っている派遣会社に登録することが大大大前提です。

何となく派遣登録しても、その派遣元が外資系企業の求人を掲載していなかったら全く意味がありません。

なので、外資系の掲載求人数に着目するのは大前提ですが、、、

 

紹介可能な外資系企業の求人数に加えて、

要CHECK icon-check 「語学講座を受講できるか?」

 icon-check 「福利厚生面が充実しているか?」

なども、派遣会社選びの重要なポイントになります。

 

この記事では、外資系企業の派遣で働きたい人に向けて、

 icon-chevron-right 『外資系で働く魅力・メリットはなに?』

 icon-chevron-right 『英会話が現場でどの程度必要になるのか?』

などの「そこが知りたい!」というところから、実際に派遣登録を検討している方に向けて、外資系企業の求人に強いおすすめの派遣会社を6社厳選のランキング形式で紹介しています。

キレイなオフィスの外資系企業で働きたいと考えているなら、ぜひ参考にしてください。

外資系企業の派遣社員として働くメリット・魅力は?


こちらは正社員の調査になりますが、マイナビ転職の調査によると、上記の調査結果が出ており、主に「給与面」「労働環境」「語学力」などに魅力・メリットを感じていることがうかがえます。

外資系企業の派遣で働くメリット・魅力
  • 日本企業と比較すると、高時給で働くことができる
  • 成果主義なので、客観的に実力を評価してもらえる
  • グローバルな感覚が身につき、語学力アップが期待できる
  • 上司や同僚との人間関係が良好
  • オンとオフの切り替えがはっきりしている。産休・育休の取得など女性も働きやすい

外資系企業って社内はどんな雰囲気?外国人は多い?

私の経験で得られた情報や、口コミからの情報をまとめる限りでは、日本企業とは全く社内体質や雰囲気が異なります。

例えば日本企業では、

 icon-frown-o 「雰囲気的に、上司が帰るまで帰れない」とか

 icon-frown-o 「年功序列なので上司の指示は絶対で、反対意見は言いにくい空気がある」

なんてことありませんか?

 

ですが、外資系企業では『個々』が尊重されるので、皆が遠慮せずに意見を出し合っているなど、派遣、正社員問わずオープンな空気感があります。

年功序列ではなく、人間関係がフラットなのも外資系企業の特徴でしょう。

仕事とそれ以外のオンオフの切り替えがしっかりしているので、「仕事終わりに上司に飲み会に誘われると断れなくて困る」なんて不必要なことで悩まされることもなく、良い意味でドライな人が多いです。

 

また、外資なので、社内には外国人が一緒に働いている企業も多いです。

ただ、外国人比率に関しては会社によりけりで、社員の大半を日本人が占めている企業もあれば、反対に社員のほとんどが外国人という企業もあり、外国人の割合は派遣先企業によります。

外資系で働くなら英会話は必須?

英語はほとんど喋れないけど「○○株式会社(外資)の派遣の事務で働きたい」というニーズは多いです。

しかし、英語力に自信がなければ、『英会話ができないとやっぱり不採用だよね…』と諦めがち。。。

 

では、外資系企業に派遣社員として勤める場合、どのくらいの英語力が求められるのでしょうか?

 

結論から申し上げると、『外資系企業で働く際は、正社員・派遣社員問わず、英語力(ビジネス会話、ビジネス文書)が求められる場面が多い』です。

とくに、外国人が多い職場では、上司や同僚との日々のコミュニケーションに英会話が欠かせません。

また、職場に外国人がいなくても、本社からのメールや資料が英語で記載されていることもありますし、取引先の担当者が外国人ということも十分考えられます。

実際に社内の公用語が英語になっている会社もあり、求人票に

  • 「TOEIC800点以上」
  • 「英語の実務経験のある方」
  • 「ちょっぴり英語が必要」
  • 「英語使用で経験を積みたい方!」

というような記載のある派遣の募集もあります。

このような求人に応募する場合は、それ相応の英語力を有していないと働き始めてから苦労します。

 

ですが、外資系企業の派遣の募集をよく見ると、英語不要の求人も多々あります。

TOEICの点数や、語学力は重視していない。むしろ事務の経験を重視する企業や、全くの未経験でもOKという企業もあるので、英語が喋れないと外資系企業では働くことができない、ということはありません。

日常英語が必要なのかは、派遣先によるので、あなたの希望する派遣先の企業がどのくらいの英語力を必要としているのかは、応募する前に確認しておくことをおすすめします。

【口コミ調査】外資系企業での就業経験がある人の声を紹介

外資系企業で働いたことのある方を対象に、『外資系企業で働いて良かったところは何ですか?』という質問を口コミアンケートで募集したところ、以下のような口コミが得られました。

【口コミ】外資系企業で働いてみて良かったところは?

 icon-female 「英語を話す機会が多いので、語学力アップに繋がっていると実感しています。外国人とのコミュニケーションの中で国際感覚も自然と身につくのがメリットです(20代女性)


icon-female「日本企業によくある「上司が帰るまで帰れない」ということはありません。オンとオフをしっかり分けて働いている人が多いのが外資系企業の特徴だと思います(40代女性)


icon-male「実力主義なので、ノルマを達成したり、成績を上げたりするとその分給料に反映されます。日本企業の曖昧な評価ではなく、外資系は評価が分かりやすいので、モチベーションにも繋がります(30代男性)


icon-male「海外への出張や転勤が多いので、グローバルに活躍したい人にはもってこいです。私自身もこれまでに仕事で10ヶ国以上を訪れています(30代男性)


icon-female「外資系ならではの綺麗なオフィスで働いています。ちゃんと評価してくれる評価体制が整っているので、どんどん昇格できるので分かりやすくて良いです(30代女性)


icon-female「スーツではなくカジュアルな服装で出社できたり、フレックス制度を利用できるので、好きな時間に働けるところが気に入っています(20代女性)

口コミを見ると、日本企業にありがちな古い体質の企業は少なく、待遇面や働き方に関して働きやすい環境を提供してもらえているということがよく分かります。

外資系企業に強い派遣会社ランキング※おすすめ6社

1位 テンプスタッフ

 icon-hand-o-right 外資系企業の求人

1627件
(2018/05)

 icon-hand-o-right 紹介予定派遣の求人(外資系)

87件

テンプスタッフは、年間39万件以上もの求人を掲載する派遣会社で、6年連続で人材ビジネス業績ランキング1位を獲得するほど実績・実力がある派遣会社です。

テンプスタッフで紹介可能な外資系企業の求人は『約1600件』と大手6社の中で最も多く、約半数が『事務・オフィスワーク』の募集になります。

時給の高い案件になると『3000円以上』と明記されているほど、高条件の仕事が多く魅力があります。

また、テンプスタッフでは、2600以上のスキルアップ講座が用意されており、語学に関しては「無料eラーニングL-TEMP」が充実しています。

英語での面接の注意点や、実際に仕事で使える英会話などを、自宅のパソコンやスマホ・タブレットで学ぶことができるので、語学力にあまり自信がない方にもオススメできる派遣会社になります。

2位 マンパワーグループ

 icon-hand-o-right 外資系企業の求人

971件
(2018/05)

 icon-hand-o-right 紹介予定派遣の求人(外資系)

120件

マンパワーグループは、世界80の国と地域に2800拠点(国内123拠点)をもつグローバル企業です。

世界的大企業や外資系企業、英語を活かす仕事などの求人紹介を得意としています。

マンパワーでは「eラーニング powerYOU」という英語スキルアッププログラムが用意されており、初級者から上級者まで、自宅のパソコンを使って英語力の向上を図れます。

その他にもTOEICテストを賛助会員価格で受験できるなど、登録スタッフへの特典も多いです。

マンパワーが取り扱っている外資系企業への派遣求人は、その多くが関東エリアの募集になり、短期から長期の仕事まで幅広く取り扱っています。

他の派遣会社と比較すると、外資系企業の紹介予定派遣の求人数が多いので、派遣から正社員を目指したい人にとくにおすすめです。

3位 アデコ

 icon-hand-o-right 外資系企業の求人

644件
(2018/05)

 icon-hand-o-right 紹介予定派遣の求人(外資系)

104件

アデコはスイスに本社を置き、世界60以上の国と地域にオフィスを持つ、グローバルカンパニーです。

月刊人材ビジネスの派遣スタッフ満足度調査で、『再就業率1位』に選ばれるなど、登録スタッフから選ばれている派遣会社です。

アデコでは、登録スタッフ向けに、都内の会場で英語講座が開講されるなど、自分の英語レベルに合わせて、英語での電話対応やオフィスでのビジネス英会話を学ぶことができます。

外資系企業の求人は、『事務職』と『IT・エンジニア』の2つを得意としており、一般事務や営業事務、経理事務、秘書など様々な職種を取り扱っています。

フルタイム勤務はもちろん、半日勤務の募集もあるので、自分の経験やライフスタイルに合わせた派遣先を見つけることができるのもアデコの特徴でしょう。

とくにIT・エンジニア系の外資系求人は、『時給6000円以上』といった案件もあり、高時給のITエンジニアの派遣ならアデコがオススメです。

また、外資系企業への紹介予定派遣も充実していて、「入社実績あり」の派遣先も多数明記されています。

アデコなら憧れの大企業の正社員を派遣から目指すことも夢ではありません。

4位 スタッフサービス

 icon-hand-o-right 外資系企業の求人

571件
(2018/05)

 icon-hand-o-right 紹介予定派遣の求人(外資系)

38件

スタッフサービスは4万件以上の取引先企業数を持つ派遣会社で、登録スタッフも累計100万人を超えるほど人気があります。

登録スタッフのスキルアップにも力を入れていて、eラーニングのビジネススクールや、語学学校との提携、TOEICテストの実施などが行われています。

スタッフサービスで紹介されてる外資系求人は、主に関東エリアでの募集になり、東京含む一都三県の外資系企業の仕事を探している方にとくにオススメです。

募集されてる職種は『事務・オフィスワーク』の求人案件が約9割を占めており、OA事務や電話業務など、オフィスワークに関する職種を幅広く取り扱っています。

5位 パソナ

 icon-hand-o-right 外資系企業の求人

514件
(2018/05)

 icon-hand-o-right 紹介予定派遣の求人(外資系)

117件

「パソナを友人に勧めたいと思う」

「パソナで働き続けたい」

など、登録スタッフからの口コミ・評判が良く、福利厚生制度も整っている派遣会社になります。

登録スタッフ向けの語学講座は、3段階のレベルに分かれた英文事務に関する講座や、英会話の講座が東京と大阪で開かれています。

働く女性へのサポートが手厚いこともポイントです。

パソナの外資系企業の派遣は、東京都内の募集が半数以上を占めていて、紹介されているお仕事は事務系がほとんどを占めます。

他社と比較すると、紹介予定派遣の求人数が多いので、外資系企業で派遣社員から正社員・契約社員を目指す人におすすめです。

6位 ランスタッド

 icon-hand-o-right 外資系企業の求人

602件(内訳:事務・オフィスワーク「315件」、製造業「287件」)
(2018/05)

 icon-hand-o-right 紹介予定派遣の求人(外資系)

45件

ランスタッドはオランダで設立され、39の国と地域に4700以上の拠点を持っています。

人材派遣だけではなく、新卒就職支援や障害者の雇用・転職、外国人・留学生の就職なども行う会社です。

ランスタッドの持つグローバルなネットワークはもちろん、国内においても北海道から九州まで全国各地に拠点を構えています。

ランスタッドの外資系企業の派遣求人は、事務・オフィスワークの仕事だけではなく、製造業の仕事が多いのがランスタッドの特徴です。

求人詳細を見ると、「英語なし」「9:30以降出社」「服装自由」など、様々な嬉しい条件が揃った求人が多いので、英語が苦手な方や朝子供を送ってゆっくり出勤したい女性にもおすすめできます。