派遣会社の登録で行われる『スキルチェックテスト』って何するの?

派遣会社の登録会では各種スキルチェックがテストされますが

「スキルチェックって何するの?」「派遣会社に登録するのにもテストがあるの?」

と疑問に思っている人もいれば、

「ブランクがあるからちゃんとできるか不安」

と感じている人も多いのではないでしょうか。

 

スキルチェックとは、タイピング入力のスピードや正確性を調べたり、一般常識やワード・エクセルなどのスキルを客観的に評価するテストのことで、多くの派遣会社で実施されています。

テストと名が付くと何か嫌な印象を受ける方もいますが、派遣登録の可否に繋がるものではないので、緊張しすぎる必要はありません。

スキルチェックで実力が発揮できないと終わった\(^o^)/

と思う人もいますが、満足できないテスト結果でも希望通りの派遣先に就業できる人は沢山います。

この記事では、派遣会社がスキルチェックテストを行う目的やどんな内容の問題が出題されるのか?についてや、大手派遣会社で行われているスキルチェックの内容について紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

派遣会社の登録で行われる『スキルチェックテスト』ってなに?

派遣会社の登録会で行なわれるスキルチェックテストとは、派遣スタッフの適性を見極めるものです。

  • タイピング速度はどのくらいなのか?正確に入力できているか?
  • 一般常識がどの位あるのか?
  • Excel、Word、PowerPointなどは使えるのか?
  • 英語スキルのレベルはどうなのか?

というように、仕事の適性を判断するために、あなたの能力をチェックするものです。

また上記以外にも、簡単な問題を大量に解く適性検査によって

 

「作業を正確に行うのが得意なタイプ」「急ぐとミスをし易いタイプ」

 

などの適性も判断しています。

紹介される派遣先を決めるにあたり、このスキルチェックテストの結果は少なからず左右されますが、あくまで適性を見極める方法の1つなので、そこまで緊張しすぎる必要はありません。できるだけリラックスして臨むようにしましょう。

【目的】なんでスキルチェックや適性検査は行われるの?

派遣会社が登録会でスキルチェックテストは『あなたがどういった仕事に向いているかを見極める』ことを目的としています。

派遣会社は登録スタッフを企業に紹介する必要があります。

ですが、例えば企業が『データ入力(パソコン入力)が得意な派遣社員を希望している』のに、タイピングスピードが遅い人を派遣してしまうのは明らかな人選ミスです。

「何でこんな人材を送ってきたんだ!?」と派遣先の企業からも怒り、クレームを買ってしまいかねないので、登録する派遣スタッフの能力・スキルを把握し、そのスキルに合う人が欲しい企業と引き合わせる。

このために各種テストが行われるのです。

【内容】スキルチェックって具体的に何が行われるの?

スキルチェックテストの内容は、登録する派遣会社や希望する職種によって様々。

ですが、各社そこまで大きな違いは無いので、下記を把握しておけば、当日それほど困ることはありません。

 

【タイピング】

パソコンのタイピングスピードや正確性を問われるテストです。

PC入力に関しては、おそらくですがほとんどの派遣会社で実施されているスキルチェックテストです。

テンキーを使った入力問題も出題される事があります。

決められた時間内にどれだけ文章を打つ事ができるか?など、スピードと正確性が問われます。


【word・Excel】

wordは「5行目を太字にしなさい」とか「7行目を赤文字にしなさい」などといった基本的な使い方に関する問題が出題されます。

Excelは簡単な表計算やグラフ作成を行なったり、指定されたセルの色を塗り潰したりといった問題が出題されます。


【英語】

あなたの英語力を問われるテストです。

英文メールの読解や穴埋め問題、英作文などが出題されます。

ネイティブとの会話テストがあるケースでは、自己PRを英語で行う事もあります。(ネイティブとの会話テストは、英語を使う仕事を希望する場合など)


【SPI】

SPIテストは、就活生なら馴染みのある言葉だと思いますが、『適性検査』の定番で、多くの企業で採用の際に使用されています。

言語分野の問題は、日本語の語彙や意味を問うもので、非言語分野の問題は簡単な計算問題が出題されます。

問題自体は難しくありませんが問題数が多いのが特徴で、いかにスピーディーかつ正確に解くかがポイントです。


【一般常識】

  • 簡単な漢字の書き取り
  • おつりの計算
  • 足し算、引き算、2桁×1桁の掛け算など暗算で解けるような計算問題
  • 時事ニュース問題
  • 相手の会社に手紙を出す場合の宛名の書き方

などが出題されます。

どのくらい点数取れればいいの?

周りの意見を聞くと、「50点くらい取っておけば問題ないよ」とも聞きますが、実際どうなんでしょう?

これから受ける人はある程度の「目安」を知りたいと思いますが、派遣会社によってスキルチェックの内容も、問題のレベルも違ってくるので、一概に何点取れば大丈夫ですとは言えません。

ただ、ロースコアよりもハイスコアの結果を残している人の方が紹介してもらえる仕事の幅は増えるでしょう。

ですが、派遣会社側はスキルチェックテストの結果は、参考程度にしか判断材料として使っていないと思います。

その理由は、『テストの点数よりも、過去の実務経験が重要視されるから』です。

なので、スキルチェックの結果だけで仕事を紹介するかしないかを判断するのは稀だと思います。

特に事務・OAスキルに関しては、

「Excelを使った仕事を〇年していた」「○○のサービスを提供している会社で、○○というソフトをどのように使っていたか?」

というように、過去にどんな経験をしてきたのかが、仕事を紹介するのに重要になるので、点数はできるだけ取った方が良いものの、そこまで気にする必要はないのです。

派遣会社大手4社にスキルチェックの内容について問い合わせてみた

具体的に、どのようなスキルチェックや適性検査が行われているか気になりません?

そこで、大手派遣会社4社に問い合わせみたので、教えて頂いた内容を公開します。

『テンプスタッフ』スキルチェックの内容

・タイピング打ち込み(数字、日本語、英語)

・経理の仕分け

・英語スキルを問われる問題

・Word、Excel、PowerPoint、AccessPointに関する実技問題

・貿易事務の用語に関する問題

・情報保護テスト(コンプラに関するものなど)

一人ひとりの経験に応じたスキルチェックを行っています。

 

関連記事>>>テンプスタッフもっと詳しく見る

 

『リクルートスタッフィング』スキルチェック内容

・タイピング入力(テンキー含む)のスピードと正確性についてのテスト

・適性検査

簡単な計算、読書きなど一般常識を問われます

・指向サーベイ

スキルチェックとは若干異なりますが「結果よりもプロセスを大事にする」など、性格面に関して当てはまるものを次々とチェックしていくものです。

 

関連記事>>>リクルートスタッフィングもっと詳しく見る

 

『アデコ』スキルチェック内容

・タイピング(約15分)

何度でも実施可能

・ キャラクターテスト(職務適性診断)(約20分)

1回のみ実施可能

・オフィススキルテスト(約10分)

1回のみ実施可能。

アデコは登録会ではなく自宅のパソコンを使ってスキルチェックを受けます。

 

関連記事>>>アデコもっと詳しく見る

 

『スタッフサービス』スキルチェック内容

・タイピング入力スピードと正確性のテスト(1分間)

入力するのは数字やローマ字になります。

・Excelに関するテスト(15分間)

Excelはできる人、できない人いるので、最初にできるかどうかの質問をされ、できるならExcelのテストも行います。

 

関連記事>>>スタッフサービスもっと詳しく見る

 

4社に問い合わせてみて

どの派遣会社も共通していたのは『特別な対策は必要ありませんよ』という言葉がとても印象的でした。

『テスト』なんて聞くと、事前に何か練習や対策をしなくてはと焦ったり、不安に感じる人もいますが、そんな心配は不要です。

事前に練習して見栄を張るのではなく、ありのままの自分のスキルを見てもらう事が重要な様です。

【注意】希望職種によってスキルチェックの内容は違ってくる

スキルチェックの内容は、あなたの希望する職種によって異なる場合があります。

例えば、経理職を希望する人には、簿記や計算問題を解くスキルチェックが行われます。

また、データ入力を希望する人にはタイピングテストは100%行われますし、通訳、翻訳、貿易事務を希望する人には英語のテストが行われたりします。

英語テストに関してはリーディングだけではなく、リスニングや会話のテストが行われるケースもあります。

【疑問】スキルチェックのない派遣会社はあるの?

「できればスキルチェックテストがない派遣会社に登録したい」と思う人もいるかもしれません。

実際、苦手意識を持つ人や、ブランクがあって不安に思っている人も多いですからね。

しかし、大手派遣会社への登録でスキルチェックを行わないところはまずありません。

なので、スキルチェックテストを実施しない派遣会社を探すのはナンセンスです。

ただ、小さな派遣会社に関しては事務系の職種を扱っているのにも関わらず登録テストを実施しないところもありますが、「スキルチェックを避けたい」という理由で大手を避けて派遣登録するのはあまりおすすめしません。

大手の方が圧倒的に求人数が多くて選択肢が豊富で、福利厚生などのサポートがしっかりしているので、大手を避けて派遣登録すること自体、ちゃんと検討してから登録を検討してください。

無料のタイピング練習サイトの紹介

ワード、エクセル、パワーポイントは覚えることが多く、勉強するにはかなり時間がかかります。

ですが、タイピングスピードや入力の正確性を上げるだけなら短期間での対策が可能です。

そこで「会員登録が要らない!無料で使えるタイピング練習サイト」をご紹介させていただきます。

タイピング打ち込みが練習できるサイトで、あらかじめ予行練習をしておけば、事前に指を慣らしておけますし、時間制限があるので本番さながらの緊張感を味わうこともできるので、自宅にパソコンがある人は腕試しの意味も込めて1度チャレンジしてみて下さい。

PC環境推奨

タイピング練習 (日本語編) Benesse マナビジョンスクリーンショット (185)ローマ字入力、かな入力を5分間でどれだけ正確に打ち込めるか?

タイピングの入力練習が無料で行えます。


Flashタイピング 【寿司打 – SushiDA -】スクリーンショット (186)寿司打はローマ字入力の無料のタイピング練習サイトです。

左から お寿司のお皿が流れてくる間に出てくる文字を打ち込み、どれだけ食べられるか?を競うゲームです。


インターネットでキーボード練習 なるほどタイピング なるほどネッ!!スクリーンショット (187)なるほどタイピングは「指の置き方」や「どの指で入力すればいいのか?」などの基礎を学ぶ事ができます。

独学でやられてこられた方には、名前の通り「なるほど!」と思わず頷いてしまいます。

基礎がしっかりしていないと正確なタイピングは難しいので、なるほどタイピングでもう1度練習されてみてはいかがでしょうか?


スキルチェックテストは派遣会社があなたの能力を判断する判断材料の1つです。

派遣登録自体を断られるなんてことはありませんが、本番は緊張はしますし、少しでも良い成績を出して置いた方が良い求人を紹介してもらえる確率も上がります。

スキルチェックテストが心配な方は、上記練習サイトを活用し、余裕を持って派遣登録会に臨みましょう。