扶養控除内に強い派遣会社と主婦におすすめの派遣の仕事

「夫の扶養控除内で働きたい」という理由から、正社員ではなく、敢えてパートや派遣社員を選んで働いている女性は多いです。

自分のライフスタイルに合わせて働き方を調整できるのは、フルタイムの正社員にはない大きなメリットです。

しかし、「扶養控除内におさまれば仕事内容や職種は何でも良い」というニーズはゼロに等しく、楽しく・自分らしく働ける場所を探している女性が大半を占めます。

ここでは、扶養内で働くメリットデメリットや、夫の扶養内で働きたい主婦におすすめの仕事、扶養控除内の仕事の紹介に強い派遣会社を紹介するのでぜひ参考にしてください。

扶養内で働く3つのメリット

① 年間103万円までなら妻の収入に所得税がかからない

一定の条件はありますが、配偶者控除が適用されれば103万円までは妻の収入に所得税がかかりません。

配偶者控除とは、会社員の夫が世帯主(納税者)で配偶者である妻の給与が年間103万円未満の時に適用される制度です。

この103万円は「所得税」の控除扶養限度額になります。

アルバイト、パート、派遣などで働く主婦が、年収103万円未満なら配偶者控除が適用され、所得税の支払いを免除されます。

つまり、年収103万円未満であれば、源泉徴収で税金を支払っていたとしても、確定申告をすれば全額が返ってくるので、世帯全体として税の支出を抑えることに繋がります。

これは夫の扶養内で働く大きなメリットではないでしょうか?

妻の年収が103万円を超えてしまうと所得税がかかってくるので、家計全体の収入は増えているのに、その分税金を多く支払っているようなケースも少なくありません。

つまり、妻の年収が100万円前後になると想定されるなら、年収を103万円未満に抑えた方が、配偶者控除により手元に多くのお金が残るというメリットがあるのです。

② 年収130万円以下なら健康保険や年金の保険料を納めなくてよくなる

「103万円」の次に考えるべきは『130万円』という金額です。

妻の年収が130万円以下であれば、妻は『社会保険』においても夫の扶養内に留まることができます。

例えば、年金に関しても夫が支払う分で妻の年金分も賄われますし、健康保険料についても同様です。

年収130万円以下の妻は自分で健康保険料を支払わなくても、夫が加入している健康保険組合で「被扶養者」として扱われ、健康保険証も発行されています。

反対に、妻の年収が年収130万円を超えると、健康保険や年金の保険料を自分自身で払わなくてはならなくなります。

健康保険証も夫の会社のものではなく、自分が働く会社の健康保険組合に加入することになります。

③ サラリーマンの夫なら「家族手当」が貰える

夫がサラリーマンとして会社勤めをしている場合、会社の規定によって「家族手当」を受給できる場合があります。

妻が扶養に入ることで家族手当を受け取ることができれば、それは大きなメリットでしょう。

妻が家事や子育てもしながら、扶養範囲内で働くことで家族手当も受け取れる様にしておけば、それも賢い働き方だと言えるでしょう。

そういった夫の会社の福利厚生制度もしっかりチェックしておく事が重要です。

扶養でいることのデメリット

① 老後の年金受給額が少なくなる

メリットで説明したように、配偶者である妻の年収が130万円未満なら社会保険上も夫の扶養に入る事になります。

年収130万までなら配偶者である妻は自らが年金を支払わないので、支出を抑えられるというメリットだと捉える事ができますが、老後の事を考えるとそれがデメリットにもなり得ます。

自ら厚生年金に加入している訳ではないので、いざ年金を受給する時になると、その年金受給額は、自ら厚生年金に加入していた人と比べると少なくなってしまうデメリットがあります。

老後の事まで長い目で考えると、扶養を外れて自分で年金を納めるのも良いと考えられます。

② 扶養でいることがあなたの可能性を潰していることも

夫の扶養範囲内で働くことは、税金や社会保険料の支出の観点で見ればメリットも大きいです。

しかし、扶養範囲内で働くことを想定すると、もちろん正社員にはなれませんし、アルバイトやパート、派遣など補助的な仕事に就くしかありません。

これだけ女性の社会進出が進んでいる世の中で、働き方をセーブしてしまうのは勿体無いです。

正社員として働けば自分のスキルをどんどん高めていけたり、社会的にも活躍できる素質があるのに、目の前の手取り額ばかりを気にして「扶養内」に収めた働き方をしてしまう事はデメリットでしかありません。

必ずしも全ての人にとって扶養範囲内で働く事が良い事だとは限らないという事をぜひ覚えておいて下さい。

扶養内で働きたい主婦におすすめの派遣の仕事

細かく条件を分類して、それに合った主婦向けの仕事を紹介します。

週末だけ働ける仕事

【PRスタッフの仕事】

健康・美容関連の商品や、新発売となる食品を店頭でPRする仕事です。家電量販店やデパート、スーパー等の来客が増える週末専門で働く事が出来ます。

【カウンター受付】

商業施設等で、クレジットカードの新規受付を行います。週末やゴールデンウイーク等の連休等、人が多く集まる時期のみの求人なので、月に数日の勤務でお小遣い稼ぎが出来ます。

【住宅展示場での受付】

住宅展示場で受付をしたり、お茶出しを行います。週末は来場者が増えるので、土日のみの勤務が可能です。

【通訳・翻訳の仕事】

土日に開催される展示会等で通訳、翻訳を行います。週末のみの勤務でも、時給が高めなので短時間で効率よく稼ぐ事も出来ます。

1日の勤務時間が決まっている仕事

【官公庁の受付】

受付時間が決まっているので、10:00~15:00等、1日6時間以下の勤務が可能です。役所なので時間にも正確で、残業もほぼない事が多く、家庭との両立もしやすいです。

【大学事務】

大学の事務窓口で学生対応を行います。窓口が空いている時間が予め決まっているので、自動的に勤務時間も限られます。

【医療事務】

フルタイム勤務ではなく、患者さんが多い曜日の午前中だけ等、勤務時間を予め指定して求人募集が出されている事も多いです。

出勤日数が増えても、1日の勤務時間が短ければ扶養範囲内で働く事が出来ます。

シフト勤務が出来る仕事

【工場軽作業】

24時間稼働している工場では、早朝、夕方のみ数時間のシフト勤務が可能です。流動的な働き方が出来るので、空いた時間を利用して稼ぐ事が出来ます。

【販売職】

デパートやアパレルショップ等で、食品やアパレルの販売を行います。シフトで働く事になるので、扶養範囲を越えない様に、調整しながら働く事が出来ます。

【コールセンター】

自己申告制のシフト制で働く事が出来る求人が多いです。130万円、106万円、103万円を超えないように調整しながら働く事が出来ます。

短期・単発の仕事

【データ入力】

入力するデータ量が増える、年度末や決算期等限定での求人が出る事があります。数日~数か月限定で集中的に働く事が出来ます。

【一般事務】

年末調整を行う繁忙期等、期間限定の求人が出る事があります。数週間限定で、働く事が出来ます。

関連記事
 icon-chevron-circle-down 事務職におすすめの派遣会社ランキング

『1年のうち半年だけ働く』という方法もおすすめ

扶養範囲内におさえたいなら、『1年のうち半年だけ働く』のも範囲内に抑えられる方法としておすすめです。

例えば、「1年のうち3か月×2回働く」というように、雇用期間が3か月の派遣求人に応募して、それを2回こなす。

そうすることで、収入を範囲内におさまるようにコントロールすることができます。

期間を決めていれば、フルタイムで働いても、130万円、106万円、103万円の壁を越えてしまうリスクは少なくなりますし、もしオーバーしそうなら最後の方に調整もできます。

しかも、保育園や小学校に通う子どもがいる主婦にとっては、夏休みや冬休みなどの長期休暇を避けて働くこともできるので、子どもが休みの時はしっかり自分も休んで長期休暇明けから働くというように、子どもに合わせた働き方ができるようになります。

この働き方は、パートや正社員では絶対にできないので、こういった選択肢を持てるのも人材派遣の強み・メリットでしょう。

扶養内の仕事の紹介に強い派遣会社は?

テンプスタッフ

  • 大手企業
  • 紹介予定派遣
  • 未経験OK豊富
  • 主婦歓迎
  • 語学を活かす
  • 短期・単発
  • 福利厚生充実
  • 交通費支給案件

求人数:★★★★★
対象エリア:全国
福利厚生:★★★★★

icon-chevron-circle-down 求人数は人材派遣業界トップクラスで職種カバー率100%の派遣会社
icon-chevron-circle-down icon-chevron-circle-down  人材業界大手のパーソルグループの派遣会社で、6年連続で人材ビジネス業績ランキングNo.1獲得
icon-chevron-circle-down 登録~就業中も専任の担当者があなたを徹底サポート

テンプスタッフでは、「在宅勤務」「週3~4日」「朝早め(6~8時台)・朝遅め(10~11時台)」「フルタイム以外(6H未満)」などの条件から目的の求人を探すことができます。

夫の扶養範囲内で働きたいと考えている女性にとっては、自分に合った仕事を探すのにとても便利な派遣会社です。

幅広い業種の求人を取扱っていることもテンプスタッフの魅力の一つで、希望する仕事が見つかりやすいです。

また、派遣期間終了後も次の仕事がすぐに見つかるように相談に乗ってくれますし、大手派遣会社ならではのサポート体制が万全で、派遣初心者でも安心です。

アデコ

  • 大手企業
  • 紹介予定派遣
  • 福利厚生充実
  • 扶養範囲内
  •   在宅勤務
  • 短期単発
  • 語学を活かす
  • 外資系企業求人

求人数:★★★★★
対象エリア:全国
福利厚生:★★★★★

icon-chevron-circle-down 有名企業・優良企業の事務職、外資系企業、英語力を活かせる求人に強い
icon-chevron-circle-down 在宅勤務の派遣求人や、IT・エンジニアの専門職の派遣にも力を入れている
icon-chevron-circle-down 第27回派遣スタッフ満足度調査で『口コミNO1』を獲得

アデコは、世界60カ国の地域に約5000の拠点を構え、国内外に強いネットワークを持っている業界大手の派遣会社です。

「扶養内控除」「週4日以下」「短期(3か月未満)、単発(30日以内)」など、求人のこだわり検索も多彩で、あなたのライフスタイルに合わせた働き方を見つけることができます。

女性をターゲットとして紹介されているお仕事には、人気の事務・オフィスワーク系の求人だけでなく、在宅勤務のお仕事や、IT・エンジニアの専門職の求人にも力を入れています。

業界未経験でも働けるお仕事や、経験者向けの高時給案件まで、それぞれのキャリア・環境に合ったお仕事を紹介してもらえるので、これから派遣で働くなら、まず登録を検討したい一社です。