【妊婦さん向け】妊娠中の派遣の職探し。体に負担の少ない仕事は?

妊娠が判明したみなさま、ご懐妊おめでとうございます!

女性の社会進出が進み、

「働けるうちは働きたい」「出産までの期間だけ働きたい」

と考える人もいる一方、周りを見ると「妊婦だから働き先がない」と諦めている人も多いです。

しかし、妊婦さんだからと行って働くのを諦めてしまうのは勿体無いです。

妊娠中でも身体に負担の少ない仕事であれば、出産するまでの限られた期間を使い、働いてお金を稼ぐ事ができます。

周りに働く妊婦さんがいなくて、疑問や不安を抱えている人に向けて、よく耳にする質問も一緒に解決していきますので、ぜひ参考にして下さい!

そもそも妊娠しても派遣に登録できるの?

妊娠中でも、派遣会社に登録する事はもちろん可能です。

派遣社員の場合は契約期間が決まっているので、

「妊娠中期~妊娠後期よりも、妊娠初期の方がより求人に応募しやすく、派遣会社としても受け入れやすい」

と言えます。

妊娠後期に入ってからだと、1回の契約期間を終了する前に出産のタイミングになってしまう可能性もあるので仕事を紹介してもらえない可能性もありますが、妊娠初期であれば全く問題ありません。

妊娠初期からであれば、最長で8か月位は勤務可能になるので、派遣会社に登録し、求人に応募しても契約期間を満了させる事が出来ます。

ただ、妊婦が派遣に登録する際は、ご自身の体調を見極める必要があります。

妊娠初期にはつわりや初期トラブル等で体調が万全ではない期間が発生する可能性が高く、妊婦さんの内『80%以上』の人がつわりを経験すると言われています。

つわりの症状が重いと、最悪入院に至る事もあり、派遣に登録してすぐに仕事を休まなければならなくなるのは、本人も心苦しいでしょうし、会社にとってもマイナス要素になってしまうので、その辺りを慎重に見極める必要があるのです。

妊娠を隠して派遣に登録しても良いの?

妊娠超初期は、流産など不安定要素を含む時期なので、「心拍確認後に報告しよう」「安定期に入ったら報告しよう」と考える女性も多いと思います。

ですが、妊娠中である事を隠して派遣に登録する事は厳禁です。

しかし、これから派遣社員として勤務する以上、派遣会社には正直に妊娠の事を伝えておかないと、勤務するお仕事の内容や、「つわりで急にお休みを取りたい」という時に問題が発生してしまいます。

確かに不安な気持ちが大きいのも分かりますが、派遣会社に登録する時点で妊娠が判明しているのであれば、正直に伝えておきましょう。

そうする事で、妊娠中である事も考慮した上でお仕事紹介を行ってもらえます。

妊娠中の職探しはアルバイトよりも短期派遣がおすすめ。その理由は?

妊娠中に職探しをするのであれば『短期派遣』がおすすめです。

アルバイトという選択肢もありますが、アルバイトの場合は出産のタイミングで辞める際に迷惑をかけてしまいますし、時給も決して高いとは言えません。

一方、短期派遣であれば「3か月」等と決まった期間勤務する事が可能で、アルバイトに比べ時給も良いので、短期間でも効率よく稼ぐ事が出来ます。

では、具体的にはどんな仕事内容が妊婦さんにおすすめなのでしょうか。

妊娠中に身体の負担が少ない派遣の仕事は?

妊婦さんが派遣社員として職探しをする時には、あまり負担がかからない無理のない仕事を選ぶことが何よりも重要です。

それに加えて、あまりに人気のある職種だと倍率が高く、採用が決まるまでに時間がかかってしまう可能性もあるので、比較的採用されやすい職種である事も大切になりますよね。

この2つに重きを置いて仕事を探そう
  • 身体に無理のない仕事
  • 比較的採用されやすい仕事

この2点を踏まえた上で、妊婦さんにおすすめの職種は以下になります。

・一般事務などのオフィスワーク

オフィスワークは、社内でデスクに座って行う業務が多いので、身体への負担が少なく、妊婦さんにおすすめの職種です。

これまで事務職で働いていた経験のある人はその経験を活かす事も出来ますし、高時給も夢ではありません。

 

関連記事>>>事務・オフィスワークに強い派遣会社ランキング

 


・コールセンター業務

コールデンターでの業務も、座っての業務が中心なので比較的身体への負担が少なくて済みます。

未経験者OKの求人も多いので、勤務経験がない人でも応募可能です。

フルタイムではなく「短時間勤務可」となっている求人も多いので、無理せず働く事が出来ます。

 

関連記事>>>コールセンター業務に強いおすすめの派遣会社は?

 


・データ入力

データ入力もパソコンに向かう業務なので、身体への負担は少なくて済みます。

ただ、座ったままの姿勢を長時間続けていると、腰痛や血行不良に繋がってしまう可能性もあるので、1時間に1回は席を立つ等、工夫もしてみて下さいね。

 

関連記事>>>データ入力に強いおすすめの派遣会社は?

 


・企業の受付

企業の受付業務は、座って業務が出来、忙し過ぎてストレスを感じる事もないので、妊婦さんにも人気があります。

受付の仕事は女性の割合も多いので、妊婦さんに対する配慮や理解が進んでおり、妊娠中でも働き易いと言えます。

 

関連記事>>>受付・窓口の派遣の求人や仕事内容の実態。時給、やりがい、大変さ


・試験監督

試験監督の仕事は激しい動きがなく、試験中は座っている事も出来るので妊婦さんでも勤務可能です。

「1日のみ」や「日にち限定」等、短期派遣の求人が多いので、体調の良いタイミングで働く事が出来ます。

 

以上の様に、妊娠中でも働く事が出来る職種は沢山ありますが、それに加えて気を付けたいのが通勤経路や満員電車です。

最寄駅から勤務先までが遠く、長時間あるかなければならなかったり、満員電車に毎日乗らなけれなならないとなると、妊娠中の体には大きな負担となってしまいます。

自分の体調を考えつつ、仕事内容はもちろん、通勤経路にも配慮が必要です。

妊娠中はいつまで派遣の仕事は続けられる?

妊娠中は最長で、予定日の6週間前まで働く事が出来ます。

ちなみに、労働基準法で休暇は「産前(6週間)」「産後(8週間)」と定められています。

ただ、実際は予定日の6週間前まで働く妊婦さんは少なく、多くの人が妊娠8カ月に入る頃には仕事をストップしています。

妊娠後期にならなくても、派遣契約の区切り次第でもう少し早く仕事を辞める人もいるので、出産予定日の2か月前には退職しているのが理想です。

 

関連記事>>>派遣社員が産休・育休を取得する条件や手当|安心して出産に臨むために知識をつけよう

 

妊婦が派遣で働くことへの周りの評価・評判は?

では実際に派遣として働いている妊婦さんの周りの人の反応はどうなのでしょうか…?


妊婦でも働いている事に「すごい」という声はよく耳にします。


送別会まで開いてもらえる妊婦さんもいるみたいですね。その位、派遣先に馴染めたら幸せですね。


良い口コミもある一方、妊婦である事に気を使い「あまり仕事を頼めない…」というようなマイナス意見もあります。

無理は禁物…!おなかの赤ちゃんを第一に考えて

妊娠中は、お母さんとおなかの赤ちゃんがストレスなく、健康に過ごす事が何より大事です。

おなかの赤ちゃんを守ってあげられるのはお母さんだけ。

なので、無理せずゆったりとした時間を過ごす事でマタニティライフを楽しむ事も良いでしょう。

ですが、体調の良い人はずっと家で一人で過ごしているのもかえってストレスに感じてしまうかもしれませんし、妊娠中は健診や、マタニティウェア、赤ちゃん用品の準備等で何かとお金がかかるので、稼げるうちに稼ぎたいと考える人もいるでしょう。

ハード過ぎでなければ、気分転換・気晴らしにもなるので、派遣として登録する事を考えてみるのも良いかもしれませんね。