派遣社員が有給休暇は取れるの?取り方やルールについて

ある程度自由がきく派遣でも、冠婚葬祭、お子さまの入学式、友達からの遊びの誘いなど、どうしても休みが欲しい時ってありますよね。

そんな時「派遣社員にも有給休暇って貰えるのかな?」と疑問に思う人は多いでしょう。

そこで、派遣社員の有給休暇の詳細や、実際に有給を取得する方法、気を付けるべきルール等、派遣の有給についての疑問をまとめさせていただきました。

仕事と休暇のバランスを保つ為にも、しっかりと把握し、気持ち良くお休みを取れるようにしましょう。

派遣社員も有給休暇は取れるのか?

正社員同様、派遣社員にも有給休暇の権利は認められています。

ですが、有給休暇の取得には一定の条件があり

  1. 同じ派遣会社で6カ月以上、継続して勤務していること
  2. 所定労働日の8割以上、出勤していること

上記2点を満たす方が有給休暇取得の対象者になります。

派遣社員の場合は、登録している派遣会社から派遣先の企業に出向いて働いているので、勤務する企業は定期的に変わることもありますが、同じ派遣会社から継続して派遣されているのであれば、この対象になります。

有給休暇はいつから、何日間発生するの?

「いつから?」

⇒同じ派遣会社で継続して勤務している期間が6カ月を越えた時点で有給休暇が発生します。

「何日間発生するか?(貰えるのか?)」

⇒週に何日間もしくは何時間、働いているかによって異なります。

 

具体的にイメージがつきにくいと思うので、具体的な例をご紹介させていただきます。

 

【例】一週間に5日以上勤務or30時間以上勤務している人の場合

⇒6ヶ月目に10日の有給休暇が付与

⇒その後は1年ごとに1日か2日が追加され、最大20日まで

 

【例】6カ月間の月の平均勤務日数が19日の場合(※週5日勤務or30時間以上勤務に満たない人)

⇒6ヶ月目に1日の有給休暇が付与

⇒その後は勤務日数によって、1年に1日追加で付与されることも

 

一週間に5日以上勤務している人の場合は分かりやすいですが、それに満たない勤務日数の場合は、勤務日数に応じて有給休暇の付与日数が変動します。

ただ、過去に何日働いたとかの勤務日数なんて覚えていない事が大半だと思います。

良く分からないなら、登録している派遣会社の担当者に問い合わせて調べてもらえば、確認することが可能です。

有給休暇の取り方はどうすればいいの?派遣元への連絡も必須?

有給の申請は、派遣先の上司に伝えることはもちろん、登録している派遣会社の担当者への連絡も欠かさないようにしなくてはなりません。

業務内容によっては、代わりの人材を派遣しなくてはならない可能性もありますし、事前に有給休暇の取得を申請しておかないと、ただの欠勤扱いになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

社会人としての最低限のマナーを守り、有給休暇を取るタイミング等、周囲への配慮を心掛けるようにしましょう。

有給に期限・時効があるって本当?

有給休暇は2年で時効を迎えてしまいます。

せっかく与えられたものなので、計画的に消化しましょう。

有給期間中の給与は誰が支払うの?

派遣社員の有給期間中の給与も、通常の給与と同様、登録している人材派遣会社が支払います。

よって、派遣先企業が派遣社員の有給休暇を認めないというケースはあまり起こりません。※ただ、人手が足りない時期は嫌な顔をされたり、断られるケースがあるのも事実です。

「有給取りたいです」って言って断られる場合もある?

有給期間中の給与は派遣会社が支払うとはいえ、業務に支障がでる場合や、派遣社員が有給休暇を取得する為に代わりの人材を派遣してもらわなければならない等、派遣先企業にとってマイナス影響が出てしまう恐れもあります。

そのような場合は、有給休暇の申請を断られる可能性もゼロではありません。

ですが、有給休暇は労働者に与えられた権利なので、不当だと思う場合は派遣会社の担当者に相談すれば、担当から直接企業側と交渉してもらう事ができます。

時季変更権とは?

有給休暇について調べていると「時季変更権」というキーワードが度々出てきますが、どのような意味かご存知でしょうか?

時季変更権とは、労働者が有給休暇を希望した日が忙しかったり、どうしても人手が必要な場合に「その有給休暇を別の日にしてほしい」と指示出来る権利です。

しかし、派遣の場合、派遣先企業と派遣社員の間には労働契約は成立していないので、派遣先企業がこの時季変更権を使って、別の日に変更させることは出来ません。

ルール上ではこのようになっているので、ちゃんと覚えておきましょう。

有給休暇を繰り越す為の2つの注意点

派遣社員として働いていると、勤務先が変更になるケースは珍しい事ではありません。

1つの勤務先との契約が終了しても、有給休暇を繰越する為には

  1. 同じ派遣会社で仕事を継続する
  2. 契約終了後、一カ月以内に次の仕事を開始する

上記2つがポイントになります。

1つの契約終了後、他の人材派遣会社を通して就業してしまうと、それまで蓄積された有給休暇は消滅してしまいます。

また、以前と同じ派遣会社で継続して働いたとしても、1カ月の間が空いてしまうと有給休暇は消滅してしまうのです。

せっかくの有給休暇を無駄にしない為にも、この2つには十分に気をつけましょう。

有給休暇の取得申請は派遣先のルールに従おう

有給休暇を取得する際には、派遣先のルールに従うことが原則です。

「有給は労働者の権利だから、いつ申請しようが勝手でしょ!」という気持ちももちろん分かりますが、好まれない時期というのも職場ごとにあります。

例えば、金融機関の場合は月末が繁忙日になりますし、アパレル販売であれば土日が忙しくなることは容易に想像がつきます。

できるだけ人手が欲しい繁忙日を避けて、有給休暇を申請するように計画しましょう。

ただ、結婚式やお葬式などの冠婚葬祭であれば、申請しても何ら問題はありませんが、予定が分かった段階で直ぐに連絡しておくことが望ましいでしょう。