派遣社員の今すぐできる一人暮らしの「賢い貯金のコツ」

将来、夢の実現の為にお金を貯めたいという若者は沢山いますが、一人暮らししてると生活費だけで毎月10万円以上飛んでいくので、毎月数万円の貯金ができないという若い方が沢山います。

また、派遣社員は交通費や家賃補助が出ないので「なかなかお金が貯まらないんだよね…」と不満を口にする人や懐の寂しさに悩んでいる人も少なくありません。

ですが、正社員だったら貯金が必ずできるという訳では無く、派遣社員でも貯金のコツや、賢い貯金のポイントさえ分かれば、派遣でもしっかり貯金できるのです。

一人暮らしの方を対象に、今から始められる貯金のコツやポイントをお伝えします。

一人暮らししてる派遣社員の賢い貯金の方法

銀行の定期積立を活用

お金を賢く貯めるポイントは

×「余った金額を貯金に回す」のではなく

〇「先に貯金したい分を抜いてしまう」のが、お金を貯める基本中の基本。

「なかなかお金が貯まらない…」と言う人の多くは、これが出来ていません。

正社員の場合は、会社の財形貯蓄制度や社員専用口座などがあり、毎月給与から自動的に決まった金額を差し引いて別の口座で貯蓄してくれる制度がありますが、派遣社員の場合はそのような制度はないので、自分で計画的に貯蓄していく必要があるのです。

給与が入ったら、ATMやネットから別の口座に移すのも1つの方法ですが、めんどくさいのが正直なところです。。

そこでオススメなのが「銀行の定期積立」です。

銀行の積み立ては、毎月、決まった日に決まった金額を、定期預金口座に自動的に振り替えてくれるサービスで、ほとんどの銀行が無料で提供しています。

自分の給料日に合わせて、この定期積立を利用すれば、毎月決まった金額を確実に貯めることができるのです。

家計簿をつけて支出と収入を把握する

「家計簿をつけるだけでお金が貯まるなら苦労しないよ」

と思っているのであれば、騙されたと思ってぜひ一度試してみて下さい。

1~2カ月、家計簿をつけるだけでも、無駄な出費を洗い出すことができます。

実は私自身、毎日出勤する前にコンビニでペットボトルのお茶を買うのを習慣にしていました。

「1本150円だから大した事ないだろう」と考えていたのですが、家計簿をつけてみると

「150円×22日(1カ月の出勤日)×12カ月×10年=396,000円」にもなるのに気が付きました。

毎日何気なく買っているペッボトルのお茶も、長い目で見ると、かなり大きな金額になる事に気が付いたのです。

しかも!コンビニに行くと、ついついお菓子も一緒に買ってしまうので、私の無駄な出費はこの倍以上の金額に。。

毎日大体ですが、300円~500円位は使っていたので、家計簿をつけるようになってからは、会社には水筒を持っていき、お菓子も控えるようになりました。

チョコレートやポテチなどのお菓子類を止めたら体重も3ヶ月で4キロ何もしないで痩せてたし、出費も減ったので一石二鳥とは正にこのことですね(^^♪

簡単でも良いので家計簿をつけ、無駄な出費に気がつければ、その分を貯金に回す事ができるようになるのです。

副収入を得る仕組みを作る

副収入を得る仕組みとして一般的なのが「投資信託」「株」「債権の購入」「FX」などがそれに当たります。

副収入や副業と聞くと「怪しい」「騙されそう」「損しそう」と情報をシャットダウンする人もいますが、少ない収入の方こそ「お金に働いてもらう仕組み」を勉強するべきです。

例えば、投資信託や株を購入すると、その分配金や配当金を受け取れるようになるなど、毎月の給料にプラスアルファで収入を増やす仕組みを作る事ができます。

今までに投資経験がない人は、投資事態に抵抗を感じる人も多いと思いますが、マイナス金利の今の日本では銀行にお金を預けてもほとんど増えません。

何から勉強したら良いか分からない人は、一度、銀行の窓口に相談してみて下さい。

相談にお金は一切かかりませんし、自分に合った投資銘柄や金額についてアドバイスをしてもらえます。

また、他の人に自分のお金を任せるのが不安なら、FX(外国為替証拠金取引)で副業するのもおすすめです。

FXは今やサラリーマンから主婦層までの小遣い稼ぎとして幅広い層の方に支持されています。

「どうせFXなんて損するし怖い」と思っているなら、ヴァーチャル取引で練習してみると良いでしょう。

FX会社の口座は無料で開設できますし、口座開設するだけで20,000円のキャッシュバックがあるFX会社もあるので、最初はキャッシュバック目的で登録しても良いと思います。

自宅近くの派遣先を選んで交通費を浮かす

派遣会社の多くは、交通費の支払いがないところほとんど。

そこで、自宅から近い勤務先を選択する事で交通費の負担を軽減することができます。

自宅から近い勤務先にすれば、時間の自由度も高くなるので、プライベートの時間も作れますし、ちゃんと自炊できる時間があるので、節約にも繋がり一石二鳥です。

家から近い勤務先を選ぶ事で、時間の自由が効き、ちゃんと自炊できる、更には帰宅時間が早くなるので、副業でアルバイトをして収入を増やすこともできるというメリットがあります。

制服のある派遣先を選ぼう

女性の場合、会社に着ていく服にどうしてもお金がかかってしまいます。

スーツ指定なら良いんですが「オフィスカジュアルで!」と言われる企業の場合、毎日同じ服を着ていく訳にもいかないので、必然と洋服代に毎月お金がかかってしまいます。。

そこで、おすすめなのが「制服のある派遣先」を紹介してもらうこと。

たったこれだけで、オフィスカジュアル服にかけていたお金を貯金に回せるようになります。

通勤時は、誰かに会う訳ではないので、持っている服を着回せば良いだけだし、制服あるとコーディネートも考えなくても良いのでとても楽なのもおすすめポイントです。

一人暮らしの生活費の支払いはクレジットカードを活用しよう

一人暮らししてると、電気・水道・ガス等の公共料金も全て自分で支払わなければなりません。

そこでおすすめなのが、お金の支払いはクレジットカードで一まとめにしちゃうこと。

生活費の決済にはクレジットカードを活用するとポイントが付与されるので、かなりオトクです。

クレジットカードは、決済金額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを使って買い物ができる仕組みになっています。

公共料金や携帯等の毎月の固定費をクレジットカード払いに変更するだけで、知らず知らずのうちにポイントが貯まります。

また、コンビニでお金を引き出す時に手数料を取られた経験が誰でも必ずあると思います。

ですが、クレジットカードで支払いするようになると、ほとんど現金を引き出さなくてよくなるので、無駄な引き出し手数料を支払うこともありません。

コンビニの売上げで、上位になっているのがATMの手数料ということからも、どれだけ無駄に手数料を支払って自分のお金を引き出しているのかが分かります。

派遣社員がクレジットカードを作るなら「楽天カード」か「ライフカード」が審査も通りやすく、簡単に作れるのでおすすめです。

私もこの2枚は持っていますが、楽天カードはポイントがそのまま楽天のショッピングに使えたり、ライフカードはポイントで毎年、商品券に交換して現金化してるので、ポイント最強です(#^^#)

【貯蓄=収入を上げる】副業のススメ

派遣社員としての収入以外に、収入を得る手段があれば、その分をまるまる貯蓄に回す事も可能です。

平日は派遣で働き、休日である土日は単発のイベントスタッフとしてお金を稼ぐ方法もあります。

また、早朝だけコンビニでバイトをしている人もいますし、帰宅後の時間を使って居酒屋でアルバイトに励む20代の子も多いです。

体に支障をきたすまで働く必要はありませんが、無理のない範囲での副業は、貯金額を増やすことに直結します。

貯金のコツは単純で「支出を減らす」「収入を増やす」極論言うと、この2つしかありません。

節約が向いているなら、支出を抑えられる方法を探し、細々と節約するのは自分には向いてないと感じるなら収入を上げる方法を模索してみてはいかがでしょうか?