派遣社員の勤務先の会社名って『派遣先?』『派遣元?』どっちを書けばいい?

例えば、履歴書や、クレジットカードやカードローンを契約する書類の中で、『勤務先を書く項目』がある場合、派遣(派遣社員)の場合は、勤務先と勤務元のどちらの会社名を書けば良いのかご存知ですか?

派遣の場合は、正社員のように実際に働いている会社と、雇用契約を結んでいる会社が違うので、悩まれる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、『派遣先の企業名か、派遣元の企業名のどちらを書くべきなのか?』を、しっかりと理由を解説しながら紹介していきます。

派遣社員は勤務先の会社名は『派遣先』『派遣元』どっちを書く?

派遣社員が書類に勤務先を書く場合、一部例外を除いては「派遣元の会社名(登録している派遣会社)」を書くのが正解だとされています。

「どっちでもいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

ですが、派遣先の企業はあくまでも勤務している場所であって、契約を結んでいる会社ではありません。

実際に給料や労働保険、その他福利厚生などの社会保険の契約は、全て派遣元である派遣会社と契約を結んでいます。

派遣は、派遣元の派遣会社に在籍し、派遣元が受けた依頼によって派遣先で仕事を行います。

長期から短期の仕事まで様々な案件がありますが、契約期間が長くても短くても、派遣元と派遣先の関係は変わりません。

つまり、たとえ登録している派遣会社との契約を更新し、同じ会社に派遣され続けていたとしても、勤務先は『派遣元(派遣会社)』になります。

一部例外について

派遣会社と契約する際の「就業条件明示書」だけは、勤務先に派遣先を書く書類になります。

就業条件明示書は、派遣元が管理する書類で、どこに派遣されているのかを証明する為に書く書類になるからです。

契約期間が既に終了している方は要注意

注意点としては、派遣期間が終了している方に関しては、勤務先の欄に派遣元を書けない場合もあります。

例えば、仕事が一旦終了し、次の仕事を探しているような場合です。

次の派遣の仕事まで期間があまり空かない場合は問題ありません。

ですが、長期間空いてしまう場合は『無職』とみなされてしまう場合があります。

勤務先を書くことがあるケースとしては、クレジットカードやローンを契約する時が多いと思いますが、派遣元に在籍確認の電話があった時に派遣されていないと、「在籍はしているが、今は働いていない」と言われてしまうことがあります。

仕事をしてない状態は「無職」とひとまとめにされてしまい、審査に影響が出る可能性もあるので、ここは注意してください。

 

 icon-hand-o-right 関連記事>>>派遣社員の賃貸契約における審査項目や通過しやすくなるコツ・ポイントは?

 

派遣社員の履歴書・職務経歴書は勤務先まで明確に書こう

派遣社員にとって迷いやすいのが履歴書職務経歴書です。

前述の通り、派遣の勤務先は派遣元の記載で問題ありません。

ただし、履歴書や職務経歴書には『派遣先まで書く』のが基本になります。

職歴は自分のプロフィールとなるものなので、新しい会社にアピールする為にもできるだけ細かく書くことが大切です。

派遣先で仕事をしている期間については、入社と退社の代わりに「就業」と「派遣期間終了」と書きます。

しかし、細かい書き方については明確な決まりはないので、見た目がごちゃごちゃしないように気を付けて書きましょう。

 

派遣先が少なく、職歴の欄に全ての派遣先を書ける場合は、会社名の他に部署や事業内容まで記入します。

また、派遣先が多いは、派遣元に登録した日と登録を終了した日を明記し、主にアピールしたい派遣先をまとめて記入すると、スッキリとした見た目にすることができます。

 

派遣の他に正社員で働いている期間がある人は、勤務先ごとの雇用形態が分かるように記入していきます。

とくに転職回数が多く、正社員の合間に派遣社員として働いている人は、空白期間を作らないように書くのがポイントです。

正社員だけ記入していくと、仕事をしていない空白期間が生まれてしまいます。

採用する会社側からすると、ブランクが長い人には疑問を抱きやすく、就職するのに不利になってしまう可能性もあるので注意してください。

派遣も立派な職歴になるので、ブランクを作らないように履歴書に記入しましょう。

在籍確認なしで契約できるカードローン

クレジットカードの在籍確認も派遣元で行われるのが一般的です。

しかし、カードローンを利用する場合は、派遣元にも知られたくないという人も少なくはありません。

派遣社員の方でカードローンをお考えの方は、『在籍確認なしでも契約できるカードローン』や、『在籍確認時に消費者金融だと分からないように配慮している会社』を利用しましょう。

 

在籍確認なしで契約できるカードローンには、「SMBCモビット」があります。

SMBCモビットは、三井住友銀行グループの消費者金融会社で、モビットでは電話確認や郵送物も一切ない融資を提供しています。

安定した収入がある20歳~69歳までが利用できるので、正社員だけでなく派遣社員や契約社員、アルバイトでも利用することができます。

ただし、「WEB完結」で申し込みする必要があり、通常のカードローンで申し込みをすると、在籍確認が必要になるので注意してください。

WEB完結で申し込める人の条件
  1. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  2. 社会保険に加入している

の2点です。

この条件さえクリアすれば、派遣社員でも在籍確認なしで契約することができます。

 

SMBCモビットの他にも、消費者金融の大手である「アコム」「アイフル」では、在籍確認の電話こそ必要になりますが、会社名を出さずに対応してくれます。

電話では担当者の個人名で利用者を呼びだし、たとえ席を外している状況であっても、在籍していることが確認できれば良いとしています。

派遣社員の場合は、派遣元にいないのが基本ですが、在籍していることさえ分かればOKなので、派遣先に知られずに利用することができます。

派遣元(派遣会社)と派遣先企業の関係をしっかり把握しよう

派遣社員が勤務先を書く場合、派遣先ではなく派遣元を書くのが基本になります。

あくまでも、あなたが雇用契約を交わしているのは派遣元(派遣会社)で、派遣先企業は仕事を提供してくれている会社です。

在籍確認が必要な書類に派遣先を書いてしまうと、電話のタイミングによっては派遣期間が終了している可能性もあります。

重要な書類に書く勤務先だからこそ、間違えないように気を付けましょう。