派遣が無断欠勤したり、バックレるとどうなる?

社会人である以上、無断欠勤は許される事ではありません。

派遣社員の無断欠勤は、雇用元の人材派遣会社や派遣先の企業に多大なる迷惑をかけるだけでなく、本人にとってもマイナスの影響しかありません。

しかし、派遣社員の中には「めんどくさいからや~めた、だるいし」と、軽い気持ちでばっくれてしまう人も一部います。

「無断欠勤をするとどうなるのか?」

「損害賠償請求されてしまうって本当?」

「給与が支払われなくなる可能性もあるの?」

といった疑問についてお答えさせていただきます。

派遣初日にバックレた場合の派遣会社の対応は?

派遣に登録して今日から初仕事。

、、、でも何か気乗りしない。。「めんどくさい!このままバックレるか!」

こんなことしてませんよね??

 

派遣初日というのは

  • 営業担当者と会社前で待ち合わせして、共に派遣先に向かう
  • 1人で会社に直行する
  • 一旦派遣会社に集合してから数人のスタッフと一緒に行く

色々なケースがありますが、時間になっても待ち合わせ場所や集合場所に派遣スタッフが来ない場合は

派遣会社の対応

  1. 待ち合わせ時間に派遣スタッフが現れない時点で、担当者から登録している電話番号に連絡
  2. 連絡がつかない場合は、就業時に申告した「緊急時の連絡先」に電話連絡
  3. 携帯が不通の場合、登録アドレスにメールが届く

このような対応が裏では行われています。

これは、派遣初日以外に関しても対応はほぼ同じ。

派遣会社サイドの対応としては

「登録している派遣社員が事件や事故に巻き込まれていないか?」

事件や事故に巻き込まれて連絡が取れない事態を想定し、とにかく連絡が頻繁に来ます。

派遣社員が無断欠勤した裏側で行われていることとは?

その日の朝起きた時の気分や、なんとなくという軽い気持ちで無断で休む人、ばっくれて辞めちゃう人もいますが、無断で休めば多くの人が迷惑を被ります。

休んで連絡もつかない場合、派遣会社の担当者は実際にどのようなことを裏側で行っているのかと言うと

あなたが無断欠勤した為に営業担当者が行わなければならないこと

  • とにかく登録スタッフの連絡先に電話・メール
  • 出ない場合は、派遣先企業に「登録スタッフが無断欠勤」「連絡が取れない」ことへの謝罪
  • 連絡がつかない場合は、派遣会社が、急遽代替スタッフ(派遣社員)を手配
  • 代替スタッフを職場へ急行させる
  • 無断欠勤した派遣スタッフへの継続的な連絡

このような事が裏で行われており、担当者はとにかく平謝りです。

無断欠勤したスタッフに代わる人材を直ちに手配し、職場に急行させますが、急に仕事を依頼されたスタッフも、あまり説明を受けられないまま仕事に就かなくてはなりません。

派遣社員が無断欠勤をすれば、『こんなやつ、送ってくるなよ!』と、人材派遣会社に対する信頼も大きく損なわれますし、最悪の場合「無断欠勤をするようなスタッフを派遣する派遣会社とは、以降契約しない」と言われてしまう可能性もあります。

無断で休んだり、飛んでしまえば、全員が嫌な思いをします。

あなたが気分で行動したために、多くの関係者を巻き込み、多大な迷惑をかける行為だということをしっかりと理解しておいてください。

無断欠勤すると損害賠償請求されるケースもあるの?

無断欠勤は、派遣先企業や派遣会社、代替スタッフに迷惑をかけるだけではなく、自分にもデメリットが降りかかります。

あなたが出勤しなかった事で、派遣先企業の仕事が上手くいかなかったり、派遣会社が派遣先企業との契約を打ち切られるなどした場合、損害賠償を請求される可能性もゼロではありません。

ただ、一回の無断欠勤によって、実際に裁判を起こされたり、損害賠償請求をする様なケースはあまり考えられませんが、派遣会社からの連絡が続いたり、それを無視する事によって警察沙汰になったりして最終的に嫌な思いをするのはあなた自身です。

派遣が急に辞めてしまったので納期が間に合わず、取引が無くなってしまったなどの損害も考えられますが、損害賠償まで至るケースはかなり稀です。

3日間だけ働いてバックレちゃったんだけど、ちゃんと給与は支払われる?

無断欠勤して休んだ日の給与に関しては支払われません。

ですが、数日でも既に就業した分の給与がある場合には、派遣会社は労働の対価として、その間の給与を支払う義務があります。

つまり、数日働いてバックレようが給与は支払われるので安心してください。

 

ですが、仮に派遣会社から

「勝手に辞めたので(飛んだ)、給与を支払う事はできません」

「無断欠勤した分の損害賠償額を差し引いた分、給与を支払います」

と言われた場合どうすればいいのでしょうか?

 

大手の人材派遣会社なら、こんなトラブルも起こりませんが、人材派遣会社は小さなところも多く、中にはクソみたいな対応をしてくる会社もあるので注意が必要です。

仮に、時給1,200円の方が1日8時間を3日間働いて飛んだ場合、3日間分の給与は「9,600円×3日間=28,800円」になります。

ですが、「無断欠勤されたので事業に多大なる損害を被ったので、その間の給与は損害賠償にあてさせていただきます」と金額が差し引かれるような言い方をされるような場合は、即刻「労働基準監督署」に相談しましょう。

実際に派遣先の企業があなたがバックレたことで多大な損害を被り、損害賠償請求される可能性もゼロではありませんが、それはレアケースです。

「少額だから諦めるか。。」と泣き寝入りせず、労働問題のトラブルは、まずは労働基準監督署に電話で相談しましょう。

「無断欠勤=解雇?」その後の仕事の紹介も無理?

人材派遣会社は「客観的に合理的な理由を除き、派遣社員を解雇することはできない」と定められています。

ですが、無断欠勤は、この「合理的な理由」に該当すると考えられるので、無断で仕事休んで解雇されても文句は言えません。

ただ、1日だけ無断欠勤してしまったけど「やっぱり戻りたい」と、就業意欲がある人の場合は「無断欠勤→即解雇」とならないケースもあります。

無断欠勤したことで、派遣先の企業から「要らない」と言われれば、それまでですが、情状酌量の余地なら許されるケースもあります。

これに関しては、ほんとケースバイケースです。

ただ、雇用元の人材派遣会社から解雇された場合は、その後の仕事は紹介不可です。

まあ、ブッチする時点でクビ覚悟だとは思いますが、全員が嫌な思いをするので、このような事態はできれば避けてほしいと思います。

無断欠勤しちゃったけど「やっぱり辞めたくない…」言い訳すれば戻れる?

無断欠勤する人の言い訳で1番多いのは、

「体調が悪くて今まで寝込んでいた(電話できなかった)」

というものですが、どんな言い訳をしても、派遣会社からすれば「よくあること」なので、信じてもらえていません。

ただ、無断欠勤しちゃったけど、その後に派遣会社や派遣先の企業に連絡を入れている場合って「辞めたくないから」ですよね?

「無断欠勤は許されるのか?」と言うと、答えは『NO』ですが、嘘の言い訳でもちゃんと謝れば許してもらえるケースも多いです。

 

ただし、気を付けておいてほしいのが「基本的に通用するのは1回限り」だということ。

当たり前ですが、常習犯のように無断欠勤が続くようであれば、解雇する理由に十分該当するので、辞めさせられても致し方ありません。

また、派遣先の企業から「無断欠勤するような人材は替えてほしい」と言われたら、これもどうしようもありません。

辞めたくないからと最終的に言い訳するくらいなら、最初から無断欠勤なんてしないで、ちゃんと連絡して休むようにしましょう。

社会人としての自覚を持った行動を

派遣社員だろうが、正社員であろうが、一旦社会に出たのなら、人として社会人として自覚を持たなくてはなりません。

一度でも無断欠勤すれば、あなたに対する『信頼』を全て失います。

人生というのは信頼を積み上げるものだと思っています。

ですが、無断欠勤やバックレて飛ぶ行為というのは、あなたの信頼を底に突き落とす行為でしかありません。

 

信頼を積み上げていくのは時間がかかりますが、信頼・評価を奈落の底に落とすのは一瞬です。

 

仮に当日の朝に急に休む場合でも、必ず電話連絡を入れるべきです。

連絡して休む「欠勤」と「無断欠勤」では、大きく異なります。

無断欠勤は、社会人として許されない行為という事をきちんと認識しておきましょう。