通訳・翻訳の派遣求人の平均時給やおすすめの派遣会社について

2020年の東京オリンピック開催が決まりました。

これにより、今後日本には沢山の外国人が訪れる事が予想され、英語や中国語等の外国語のスキルを活かして働ける通訳や翻訳の仕事の需要がより一層増えています。

近年は、パソコンの自動翻訳システムが無料で使えたり、通訳機能の付いたアプリも開発されるなど、機械化(無人化)が進んでいますが、翻訳や通訳の仕事というのは、細かいニュアンスや表現を上手に訳す能力が求められる仕事です。

簡単な翻訳は機械に任せられても、上手に伝えるには「人」の手が必要なのです。

通訳・翻訳の仕事で最も多いのは「英語」の求人ですが、その他にも「中国語」や「韓国語」、更には「途上国の言語」を習得している人も重宝されます。

ですが、翻訳や通訳の仕事はあまり身近な仕事ではないので、

「どのような人が働いているのか?」
「どのくらいの語学スキルがあれば務まるのか?」
「どのくらい稼ぐことが出来るのか?」

等、未経験の方にとっては疑問が多いのもこの職業の特徴です。

ここでは、翻訳や通訳の仕事について紹介し、必要な語学スキルのレベルや、平均時給、求人数の多い派遣会社について紹介します。

翻訳派遣は具体的にどういう仕事をしているの?

翻訳は、外国語で書かれた文章を日本語に訳したり(英日)、日本語で書かれている文章を外国語に訳す(日英)のが仕事です。

ただ直訳するのではなく、ニュアンスや文化の違いを考慮して、正確に伝わるように訳す能力が求められます。

派遣社員の場合、派遣先企業によって具体的な仕事内容は異なりますが、翻訳の種類は大きく以下の4つに分ける事が出来ます。

ビジネス翻訳

翻訳業務で最も多いのが「ビジネス翻訳」です。

契約書や報告書等の重要資料を訳したり、会議資料を訳すのが主な仕事になります。

外資系企業の場合は、外国の本社から送られてくる外国語の資料を日本語に訳すケースが多く、日本企業の場合は、外国人従業員の為に日本語資料を外国語に訳すケースが多いです。

基本的には会社で働く人に分かりやすく訳す事が求められ、各業界の専門用語を訳す事もあります。


実務翻訳

「実務翻訳」は、製品のマニュアルや取扱説明書を訳すのが主な仕事内容で、ビジネス翻訳に続いて求人数が多いです。

海外製品の取扱説明書を日本の顧客向けに訳したり、医療品開発会社で薬品の副作用等に関する情報を訳す等、大きな責任も伴う仕事があります。

こちらも、各業界の専門用語を習得する必要があります。


映像翻訳

「映像翻訳」は、翻訳業務の中でも人気の高い職種です。

海外映画や海外で開発されたゲーム等、映像に翻訳を付けるのが仕事なので、映画やゲーム好きにはたまらない仕事になります。

セリフや技の名称等、外国語独特の表現を日本語に訳すので、翻訳といえど「新しいものを作る」感覚も味わう事ができ、映像翻訳は「ローカライズ」とも言われます。

人が字幕を読むスピードも考慮して、限られた文字数で正確に表現する能力も求められます。


文芸翻訳

「文芸翻訳」も映像翻訳同様、人気のある職種です。

小説や曲の歌詞を訳す仕事で、元の作品の良さを活かしつつ、表現や文化の違いも加味して雰囲気を大事に訳す必要があります。

語学力はもちろん、高い日本語の表現力も求められます。

通訳派遣は具体的にどのような仕事をするのか?

通訳は、話し手の言葉を聞き、別の言語に訳しながら話すのが主な仕事。

通訳の仕事の大きなポイントは「聞く」と「話す」を同時に行わなくてはならないこと。

翻訳の場合は見直しが出来るなど後から修正ができますが、通訳業務の場合はそうはいきません。

外国語を使う仕事の中でも、かなり高い能力が求められる仕事になります。

通訳業務は大きく分類すると以下の3つに分けられます。


同時通訳

海外ニュースや国際会議等、話し手が話し続ける中で、言いたい事を理解し、聞く人に分かりやすいように訳すのが仕事で、通訳の中でも最も高いレベルを求められます。

専門用語が混ざる事もありますし、常に考えながら訳す事が求められるので、高い集中力が必要です。

高い集中力が必要なので、長時間一人で同時通訳を行う事は出来ず、一般的には15分で交代しながら行います。


逐次通訳

インタビューや発表会等の場で、話し手が少しづつ言葉を区切って、そのタイミングで行う通訳の事を言います。

ハリウッドスター等が日本のテレビ場組のインタビューに応じた時等に用いられるのがこのパターンです。

メモを取る事が出来たり、同時通訳よりも時間に余裕があるので、より正確で丁寧な通訳をする事が出来ます。


ウィスパリング

「ウィスパー」とは英語で「囁く」という意味。

通訳者が該当の人の傍に立って、耳元で囁くように同時通訳を行う事を言います。

仕事の内容は同時通訳とほとんど変わりませんが、特定の人に向けて通訳するのが特徴です。

取得すべき資格やTOEICについて

翻訳も通訳も、この資格を持っていなければいけないという必須資格はありません。

翻訳の仕事に就く場合は、WordやExcelといった基本的なPCスキルはあった方が良いでしょう。

翻訳や通訳の仕事をしたいと考えている人は、TOEICや英語検定の受験経験がある人も多いと思いますが、企業が重視するのは英検よりもTOEICです。

英語力を活かす求人の1つの指標となる「TOEIC」のスコアに関しては、同じ翻訳や通訳の仕事でも、TOEIC600点以上が派遣求人の募集要件になっているものもあれば、900点以上となっているものもあります。

仕事内容によって求められるレベルは異なりますが、本格的な翻訳・通訳業務であればTOEIC900点以上が条件になると考えられます。

ただ、「通訳案内士(通訳ガイド)」だけは異なるので注意が必要です。

外国語を用いて旅行に関する案内をし、報酬を得る仕事を行う場合は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受けなくてはなりません。

通訳案内士試験は、国家資格の一つで、「外国語を用いて旅行業に携わる人(通訳ガイド・観光ガイド)」は、この資格を取得しておく必要があります。

通訳・翻訳派遣の時給はどのくらい?

リクルートグループの調査(2016年8月)によると、翻訳や通訳の平均時給は以下の通りです。

・関東 1,833円
・東海 1,574円
・関西 1,503円

エリアによって違いはありますが、一般的な派遣の求人と比較すると、翻訳や通訳の時給は高めです。

特に関東エリアにおいては、2000円以上の時給で働ける求人も複数あるので、多くの求人に目を通しておくようにしましょう。

通訳・翻訳の求人に強い派遣会社best3

icon-mail-forwardテンプスタッフ

通訳・翻訳の求人数「約150件」
6年連続、人材ビジネス業績ランキング第1位

icon-mail-forwardアデコ

通訳・翻訳の求人数「約100件」
世界60カ国、5100拠点を持ち、外資系企業に強い

icon-mail-forwardリクルートスタッフィング

通訳・翻訳の求人数「約100件」
リクルートグループを始め、大手優良企業の求人多数

専門的な仕事になるほど、募集はどの派遣会社も少なくなりますが、私が調べてみたところ上記3社にはある程度募集がありました。

翻訳や通訳のお仕事をお探しなら、まずは上記に紹介した派遣会社から登録を検討してみて下さい。

派遣の職種辞典

icon-chevron-righticon-chevron-right 派遣でとくに人気のある仕事
icon-chevron-circle-down 一般事務・OA事務  icon-chevron-circle-down 営業事務
 icon-chevron-circle-down データ入力  icon-chevron-circle-down コールセンター
icon-chevron-righticon-chevron-right事務・オフィスワーク系の派遣の仕事
一般事務・OA事務 営業事務
経理・英文経理 人事事務・総務事務
学校事務・大学事務 法務事務・特許事務
生保事務・損保事務 貿易事務
金融事務(銀行・証券) 医療事務
介護事務 社会保険事務
製薬会社の事務 不動産業界の事務
法律事務所の事務 アパレル事務
購買事務 コールセンター
データ入力・キーパンチャー 受付・窓口
秘書 通訳・翻訳
企画・マーケティング 広報・宣伝・IR
WEBデザイナー ネットワークエンジニア
ヘルプデスク DTPオペレーター
イラストレーター 出版社の派遣
icon-chevron-righticon-chevron-right販売の仕事
アパレル販売 携帯販売・携帯ショップ
百貨店
icon-chevron-righticon-chevron-right 工場・製造業・軽作業
軽作業 倉庫管理
マシンオペレーター 現場監督・施工管理