出版社の求人探しにおすすめの派遣会社は?時給、仕事内容、大手出版社について

自分の好きなマンガや本に携わる事が仕事にできたら、どれだけ楽しいことだろう。。こんな風に想像した事はありませんか?

出版社で働くというのは、そんな憧れの職業の一つなのかもしれません。

ですが、出版社は知名度が高い割に、会社の規模自体がそこまで大きくなく、大手出版社でも従業員が数百人の企業がほとんどです。

しかし、正社員としての採用は狭き門でも、派遣社員からであれば、大手出版社でも働くチャンスは十分にあります。

出版社の派遣の仕事を探す人に向けて、大手出版社の紹介や、派遣の平均時給や仕事内容、おすすめの派遣会社について紹介します。

出版社の派遣に任される仕事内容

①事務

出版社での人材派遣の募集は、事務員としての採用が非常に多いです。

事務員が任される仕事内容としては、

・資料作成
・伝票整理
・印刷会社への増刷依頼
・書籍、雑誌の管理
・電話、来客応対

など。編集や校正といった出版社でしか行われないような仕事ではありませんが、企業を運営していくために必要不可欠な業務になります。

②制作・編集業務

新しい書籍や雑誌、記事について考え、企画制作していく所からスタートします。

派遣される出版社によって仕事の範囲は異なりますが、予算の設定から、取材は自社で行うのか、外注するのか、写真撮影、コピーライティングはどうするのかなどを決めていきます。

編集を担当する人(編集者)は、作家・ライターから執筆した原稿を受け取り、記事のレイアウト等を考えます。

イラストを挿入する場合も、イラストレーター等からイラストを受け取って、どう記事の中に割り当てるか等を決めていきます。

編集者は、記事を作り上げていく上で、中心的な役割を果たす人ですが、派遣社員の場合は、この編集者・編集部をサポートするアシスタントとしての求人も多いです。

③校正業務

校正は、原稿がイメージ通りに制作されているかどうかを、チェックする作業です。

一度、印刷会社に提出された原稿は、校正用紙に原稿を出力した状態で出版会社に戻ってきます。

赤色のペンで、修正箇所に指示(校正)を行い、再び印刷会社に戻します。

誤字脱字がないかどうか等を細かくチェックするのが仕事で、集中力と正確性が求められます。

出版社に勤める派遣社員の平均時給は?

出版社に勤める派遣社員の時給の平均は『1400円~1600円前後』です。

編集者としての経験が豊富だったり、校正スキルが高いと、1900円以上で募集している求人もあります。

未経験者歓迎となっている求人は、全体の『約40%』位ですが、出版社での勤務経験はなくても「事務経験必須」となっている求人もあるので注意が必要です。

出版社勤務の求人は基本的には、フルタイムで週5日働く事が前提になっているものが多く、「週3日だけ働きたい」とか「扶養範囲内で働きたい」という人よりは、フルタイムで働いてしっかり稼ぎたいという人におすすめの仕事です。

【厳選10社】おすすめの大手出版社の特徴を紹介

集英社

http://www.shueisha.co.jp/

本社住所:東京都千代田区一ツ橋2-5-10
電話番号:03-3230-7755

マンガ、ファッション誌から児童書、辞書まで幅広い出版物を発行している、業界トップクラスの出版社です。

幅広い出版物を取り扱っていますが、週刊少年ジャンプを筆頭に、コミック部門に強みを持っています。

ONE PIECEやナルト等、世界にも通用するマンガ作品を数多く輩出しています。

紙媒体が苦戦を強いられている業界において、マンガ部門で稼いでいるのがこの集英社です。

講談社

http://www.kodansha.co.jp/

本社住所:東京都文京区音羽2-12-21
電話番号:03-5395-3410

書籍、雑誌、コミック等を幅広く扱う総合出版社です。

週刊少年マガジン、週刊ヤングマガジン、モーニングが代表的な出版物です。

海外事業や、電子書籍、ドラマや映画の映像化・アニメ化等、新しい分野にも力を入れています。

絵本の読み聞かせで全国を回る「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」等、子どもたちへの読書推進事業も行っています。

小学館

https://www.shogakukan.co.jp/

本社住所:東京都千代田区一ツ橋2-3-1
電話番号:03-3230-5870

1922年に創立された、歴史ある出版社です。

「小学〇年生」といった学年別の雑誌が人気となり、それ以降小学生を中心として子供向けの出版物を得意としてきました。

最近は、芦田愛菜さんがCMを務めるNEOという図鑑が話題です。

現在は子供向けの図鑑から、女性誌や漫画等、様々な出版物を取り扱っています。

角川書店

http://www.kadokawa.co.jp/

本社住所:東京都千代田区富士見二丁目13番3号
電話番号:0570-002-301

様々な種類の出版物を取り扱っていますが、中でも文庫本に強みを発揮する出版社です。

一方で、2013年10月に連結子会社9社と合併し、新たなスタートを切ったほか、2014年10月にはドワンゴとの経営統合を行い、多様なメディア戦略を図っています。

近年では、電子書籍の販売も行っています。

日経BP

http://corporate.nikkeibp.co.jp/

本社住所:東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー
電話番号:0120-255-255

日本経済新聞グループの一員として1969年に設立された出版社です。

「経営情報」「技術情報」「生活情報」の3つの柱でビジネスパーソン向けの情報提供を行っています。

専門性が高く、ビジネスマンからの評価も高いです。

「日経ビジネスオンライン」等、書籍だけではなくインターネットを活用した情報発信にも力を入れています。

宝島社

http://tkj.jp/

本社住所:東京都千代田区一番町25番地
電話番号:03-3234-3917

雑誌に強みを持つ出版社として知られていますが、最近は「付録」が宝島社の代名詞にもなっています。

女性人気の高いブランドとコラボレーションして、ポーチ等を付録として販売数を伸ばしています。

雑誌とタイアップしたカバンをインターネットで販売する等、書籍や雑誌の枠にとらわれていないのが宝島社の最大の特徴です。

公式ホームページでは2点以上の商品を購入すると、送料が無料になるキャンペーンを行う等、個性のある出版社です。

文藝春秋

http://www.bunshun.co.jp/

本社住所:東京都千代田区紀尾井町3番23号
電話番号:03-3265-1211

スクープ等で知られる週刊文春等の出版物を取り扱っています。

その他にも、文藝春秋やNumber等の雑誌を出版しています。

ニュースで毎回話題になる、芥川賞や直木賞の序章者を選定しているのも、実質的には文藝春秋で、権威のある出版社でもあります。

東京書籍

https://www.tokyo-shoseki.co.jp/

本社住所:東京都北区堀船2-17-1
電話番号:03-5390-7200

東京書籍は、教科書販売のリーディングカンパニーです。

小学校から高校までの教科書を取り扱っており、教科も国語、算数、英語から書道まで様々です。

デジタル教科書や拡大教科書も、種類豊富に取り揃えています。

教科書だけではなく、教育分野に関する一般書籍も出版しています。

光文社

http://www.kobunsha.com/

本社住所:東京都文京区音羽1-16-6
電話番号:03-3942-2241

1945年に創設された、比較的新しい出版社です。

「女性自身」や「JJ」等、女性向け雑誌に強みを持っています。

日本ミステリー文学大賞(新人賞)を発表しています。

電子書籍に関してはamazonやDMM.com等で販売しています。

ぎょうせい

https://gyosei.jp/

本社住所:東京都江東区新木場1-18-11
電話番号:0120-953-431

行政、税務、法務関係の書籍を出版している会社です。

一般的になじみはない出版社ですが、行政関係者、金融関係者の中ではよく知られた出版社です。

例えば、銀行員向けの資格取得の参考書等を発行しており、その指示はかなり高いものがあります。

新潮社

http://www.shinchosha.co.jp/

本社住所:東京都新宿区矢来町71
電話番号:03-3266-5111

本、雑誌、コミックを幅広く扱っている出版社です。

1956年創刊の週刊新潮は、影響力も大きい雑誌で、話題になる事も多いです。

「しゃばけ」シリーズは長い間人気となっている書籍で、新潮社の代表的な作品ともいえます。

書籍に関連するイベントも頻繁に行っています。

東洋経済新報社

http://toyokeizai.net/

本社住所:東京都中央区日本橋本石町1-2-1
電話番号:03-3246-5551

週刊東洋経済や、会社四季報等、ビジネスマンのバイブルともなっている書籍を発行しています。

東洋経済オンラインでは、最新トレンドの経済ニュースを掲載していたり、四季報オンラインもコンテンツが充実しています。

この様に、従来の紙媒体だけでなく、デジタル媒体へのシフトも着実に進めている出版社です。

ポプラ社

https://www.poplar.co.jp/

本社住所:東京都新宿区大京町22-1HAKUYOHビル
電話番号:03-3357-2215

創立当初から子供向けの書籍を中心に販売を続けてきた出版社です。

70周年を迎えた現在でも、子供の事を一番に考えた本の出版が行われていて、対象年齢が0歳から高校生までの本の販売に力を入れています。

近年では電子書籍の販売も行っていますが、こちらは大人向けの教育メソッド本等が多くなっています。

出版社の求人探しにおすすめの派遣会社best3

大手出版社の派遣で働きたいならまずは下記3社に派遣登録を済ませてください。

出版社自体が数がそれほど多く無いので、求人数は各社そこまで多くはありませんが、出版社の募集を掲載してない派遣会社もあるので、登録を検討しているならまずは下記の3社が求人数も多くおすすめです。

icon-mail-forwardテンプスタッフ

出版社の求人数「約100件」
求人数業界トップクラスの派遣会社。日本経済新聞社グループの求人あり

icon-mail-forwardスタッフサービス

出版社の求人数「約50件」
事務系の派遣を最も得意する全国に拠点を持つ派遣会社

icon-mail-forwardリクルートスタッフィング

出版社の求人数「約50件」
大手企業や有名企業に就業したい人におすすめの派遣会社