マスコミ業界で働く派遣社員はどんな仕事をするの?

「テレビ局で働きたい!」「新聞社で働きたい!」「出版社で働きたい!」

テレビ局や新聞社などのマスコミ業界の仕事は、私たちの生活に密着した業界で憧れる人も多く、毎年新卒が内定をもらうために就職活動に必死に取り組んでいます。

新卒採用の枠は、かなり倍率が高い事でも知られており、内定獲得は困難を極めます。

ですが、正社員としては難しい業界も、「派遣」としてなら働く事はそう難しくありません。

ここでは、マスコミ業界で派遣社員として働きたい人に向けて、業界の実態を解説します。

マスコミ業界で働く派遣社員は、どんな仕事をするの?

マスコミ業界と一口で言っても、その範囲はかなり広く、例えばニュースキャスター、映画監督、放送作家、ジャーナリストといった人など、華やかな世界で働くマスコミ関係者のイメージを持ちやすいんじゃないでしょうか。

しかし、華やかな舞台から少し視線をずらしてみると、テレビ局の事務員、新聞社の広報、出版社の営業担当者など、いわゆる裏方の人たちもマスコミ業界に従事する人が多数みえます。

マスコミ業界に派遣社員として働く場合、どんな仕事をするのか?というと、事務や広報、営業などの後者に近い仕事をすることになります。

では、具体的にどのような仕事を行うのでしょうか?各業界別に仕事内容を紹介します。


放送業界(テレビ局・ラジオ局)

放送業界は主に「テレビ局やラジオ局」での仕事になります。

・テレビ番組の出演者リスト作成(データ入力)
・電話(問い合わせ)対応
・書類整理
・経理事務
・営業部署アシスタント
・ホームページ作成
・ヘルプべスク
・ケーブルテレビ新規加入の営業

実際に複数の派遣会社の求人を見てみると、上記のように、実際の番組制作に関わる仕事の割合は少なく、事務や経理、営業等の一般企業でも行われる仕事内容が多い傾向にあります。

テレビ業界は特に人気のある業界なので、派遣としてテレビ番組の制作に関わる事は容易ではありません。


新聞業界(新聞社)

新聞業界における、派遣社員の仕事内容(求人内容)は以下の通りです。

・企業の決算情報データチェック
・企業の満足度調査、商品動向調査等のアンケート集計、報告書作成
・ニュースの見出し作成、校閲
・記事に掲載する写真選定
・電話対応、来客対応
・役員秘書
・社内システムサポート

テレビ業界では、自分がマスコミ業界で働いている事があまり実感出来ない様な「一般事務等の求人が多かった」のに比べて、新聞業界においては「より新聞製作に携われるような求人が多い」事が特徴です。

新聞記事の元となるデータやアンケートを集計したり、ニュースの見出しや写真を決める業務にも関わる事が出来ます。

秘書業務や社内システムサポート等、新聞社そのものを支える求人も多いのが特徴です。


出版業界(出版社)

派遣社員として出版業界で働く場合、以下の様な求人を見つける事が出来ます。

・出版物の納期確認
・書店や個人からの問い合わせ対応(本の在庫や出版日等について)
・文章校正
・本のデザイン決定
・ホームページ制作
・経理事務
・コンビニへの配本
・出版物の広報

新聞社同様、比較的「出版物に関わる業務」が多いのが特徴です。

実際に文章の校正等に関わって働く派遣社員もいます。


マスコミで働くには「学歴」が重視される?学部も関係する?

正社員としてマスコミ業界で働く場合は「大卒以上」というように、学歴が必要なケースが多々あります。

しかし、派遣社員と限定すると「学歴不問」の求人がほとんどです。

最近は、マスコミ業界への就職を希望する学生向けの「マスコミ学」というものも存在し、情報コミュニケーション学部や、社会情報学部といった学部もあります。

派遣としてマスコミ業界で働く場合、「社会問題に興味がある人」や「簡単なPC操作が可能な人」という募集条件は見受けられますが、学歴や学部が関係する事はほとんどありません。

未経験の業界でも、派遣社員からでしたら、十分挑戦する事が可能です。

紹介予定派遣の求人なら、マスコミ業界の正社員も目指せる

紹介予定派遣とは、一定期間(最大6か月)、派遣先で勤務した後、その派遣先の企業と「直接契約」(正社員や契約社員)を結ぶ事を前提にしている派遣制度の事です。

紹介予定派遣での応募であれば、最初は派遣でも、正社員登用への道が開けるのです。

また、実際の職場での業務を体験してから就業する事が出来るので、求職者も企業も、双方にミスマッチが起こりにくいというメリットがあります。

実は、この紹介予定派遣は、マスコミ業界でも多く採用されています。

新卒では倍率が高く入社が難しかった人気のマスコミ企業でも、この紹介予定派遣を活用すれば、正社員を目指せる可能性もあるのです。

参考記事正社員・紹介予定派遣に強い派遣会社おすすめランキング

マスコミで働く人は体育会系が多いって本当?

マスコミ業界には、大学生の時にサークルではなく、体育会系の部活に所属していた、いわゆる「体育会系」の社員が多いと言われています。

実際、私の周りでもマスコミ業界で働いている友人は皆、体育会系出身です。

チームスポーツをやっていると、

「協調性がある」
「上下関係が厳しくても耐えられる」
「多少仕事がきつくても根性があるからすぐに辞めないだろう」

と考える人事担当者もいるのでしょう。

ですが、これは多くの学生から数十人を選抜しなくてはならない「新卒採用」に限った話。

マスコミ業界で派遣社員として働く場合は、体育会系かどうかは全く関係ありません。

ただ、派遣の採用には関係ありませんが、社内には体育会系出身者が多く、職場によっては、その独特な雰囲気がある事も想定しておかなくてはなりません。

マスコミで働く派遣社員の時給・給料は?

マスコミ業界(テレビ・新聞)などの情報通信業を営む企業の平均年収は、一般企業と比べてかなり高給取り。

テレビ朝日や朝日新聞などの大手になると、平均年収は「1千万円」を優に超えてきます。

では、派遣社員の給料はどうなのか?

マスコミ業界で働く派遣社員の時給は「地域」によって大きな違いがあります。

地方局や地方紙はマスコミ業界ですが、普通の一般企業とそれほど変わらないくらい。

ですが、大手になると待遇は違ってきます。

例えば、東京や大阪では「1600円から1800円位」が相場で、高時給な案件だと時給2000円以上で働ける求人もあるほど好待遇な求人が多いです。

一方、地方都市になると1000円から1200円程度の求人がほとんどです。

ただ、地方局や地方紙も一般企業と比べたら、そこそこ良いので、マスコミ業界でのお仕事は悪くはありません。

マスコミ業界の求人が多い派遣会社best3

テレビ局・新聞社・出版社の派遣求人をお探しなら、マスコミ関係の求人数の多い下記の3社から登録を検討してみて下さい。

icon-mail-forwardテンプスタッフ

マスコミ業界の求人数「約150件」
人材ビジネス業界6年連続1位の実績

icon-mail-forwardリクルートスタッフィング

マスコミ業界の求人数「約100件」
リクルートグループを始め、大手優良企業の求人多数

icon-mail-forwardパソナ

マスコミ業界の求人数「約50件」
女性に優しい派遣会社

おすすめ記事
 icon-chevron-circle-right 正社員・紹介予定派遣に強いおすすめ派遣会社

派遣の職種辞典

icon-chevron-righticon-chevron-right 派遣でとくに人気のある仕事
icon-chevron-circle-down 一般事務・OA事務  icon-chevron-circle-down 営業事務
 icon-chevron-circle-down データ入力  icon-chevron-circle-down コールセンター
icon-chevron-righticon-chevron-right事務・オフィスワーク系の派遣の仕事
一般事務・OA事務 営業事務
経理・英文経理 人事事務・総務事務
学校事務・大学事務 法務事務・特許事務
生保事務・損保事務 貿易事務
金融事務(銀行・証券) 医療事務
介護事務 社会保険事務
製薬会社の事務 不動産業界の事務
法律事務所の事務 アパレル事務
購買事務 コールセンター
データ入力・キーパンチャー 受付・窓口
秘書 通訳・翻訳
企画・マーケティング 広報・宣伝・IR
WEBデザイナー ネットワークエンジニア
ヘルプデスク DTPオペレーター
イラストレーター 出版社の派遣
icon-chevron-righticon-chevron-right販売の仕事
アパレル販売 携帯販売・携帯ショップ
百貨店
icon-chevron-righticon-chevron-right 工場・製造業・軽作業
軽作業 倉庫管理
マシンオペレーター 現場監督・施工管理