広報・宣伝・IRの仕事内容とは?派遣の時給、資格、求人探しについて解説

広報・宣伝・IRの仕事は「企業の印象」を築いていく、華やかなイメージがある仕事になります。

企業の商品やサービスを消費者に広く知らせ、宣伝広告、投資家に投資をしてもらうなど、その仕事内容は様々です。

ですが、実際に働こうと思った時に、

具体的にはどのような仕事をすることになるのか?
募集は?どうしたらなれるの?
採用されるのに資格は必要?

など、仕事内容や採用、待遇面について等、様々な疑問や不安出てくることでしょう。

この記事では「広報」「宣伝」「IR」の仕事と求人に関する情報をまとめているので、どんな仕事なのか?これからこの職種で働きたいと思っている人はぜひ参考にしてください。

 icon-check-square-o 最初にCHECK!広報・宣伝・IRの仕事探しにおすすめの派遣会社
派遣会社 特徴 公式サイト
テンプスタッフ icon-chevron-circle-right 掲載求人数は業界トップクラス
icon-chevron-circle-right 口コミ・評判でも人気の派遣会社
公式サイト
リクルートスタッフィング icon-chevron-circle-right 人気・安定の大手リクルート
icon-chevron-circle-right 派遣初心者さんにとくにおすすめ
公式サイト

広報・宣伝・IRの仕事内容とは?

「広報」「宣伝」「IR」3つの仕事は、似ている仕事と思う人も多いですが、実際は大きく異なります。

それぞれについて、下記で詳しく解説します。

広報【社外広報】

広報の仕事は大きく分類すると「社外広報」「社内広報」の2つに分けられ、それぞれ仕事内容が異なります。

まずは社外広報のお仕事について説明させていただきます。

社外広報

・プレスリリース

自社の新商品の販売や新しいサービスが開始される時、イベントを開催する時などに、マスコミ各社に向けて情報提供を行います。

方法としては、FAXが使われる事が多く、郵送やメール等の手段も用いられます。

特に社内で力を入れている企画の場合は、直接マスコミに持ち込んで売り込む事もあります。

マスコミへのプレスリリースによって、消費者にどう訴えられるかも変わってくるので、広報の重要な仕事の一つです。

注目度の大きい大企業でないと、マスコミに取り上げてもらえる可能性は少ないですが、地道な活動が重要です。

 

・取材対応

プレスリリース等によって、自社商品やサービスに興味を持ったマスコミからの取材対応を行います。

どんな取材なのか、その意図を把握したり、マスコミとの窓口としての役割を果たします。

その後は、どの部署の誰が取材を受けるのか、どこで対応するのか、事前の打ち合わせ等も行います。

その報道によって、自社イメージが大きく左右される事もあるので、どのように報道されるのか、どのように商品が紹介されるのか等を細かく確認します。

商品やサービスの情報はもちろん、企業理念が正しく伝わるようにするのが重要です。

 

・トラブル対応

社内の不祥事や、商品やサービスの欠陥等が発生した時に対外的な対応を行います。

マスコミからの問い合わせ対応を行ったり、自社の見解を発表したりと、事態収拾に向け動かなくてはなりません。

トラブルが発生した時の企業の対応は、消費者からのイメージにも大きく影響するので慎重な対応が求められます。

「マイナスイメージを更に増大させてしまうのか?」「このトラブル対応を機に信頼を得られるのか?」は広報の技量にかかっています。

広報【社内広報】

社内広報

・社内の情報収集

広報の仕事は社外への広報だけではなく、社内の情報収集も行います。

企業トップである経営者の考えから、第一線で働く新入社員の声まで、社内の隅々にまで耳を傾けて情報を集めます。

 

・社内広報誌作成

上記で収集した情報をまとめて、社内誌としてまとめ、発行するのも広報の仕事です。

普段はなかなかコミュニケーションを取る事の出来ない経営陣の考えや思いを記事にして社員に伝えたり、現場での成功例を取材して、社内に好事例を紹介する等します。

社内広報誌という紙媒体を使うもあれば、会社によっては社内のネット記事やメール、動画ニュース等、様々な媒体を活用する事もあります。

 

宣伝

宣伝の仕事は、予算を使って自社商品やサービスを世の中に宣伝する事です。

具体的には、テレビやラジオのCMを作成したり、雑誌や新聞、電車の中吊りに広告を掲載したり、新商品の紹介イベントを企画する等、自発的に自社をアピールするのが仕事です。

どんな宣伝方法が効果的なのか、予算はどの位使う事が出来るのか、宣伝に有名人・芸能人を起用する場合には誰を使うのか、ポスターを作る場合はデザインを誰に依頼するのか等、その業務は多岐に渡ります。

マスコミ業界や芸能界との繋がる華のある仕事ですが、企業イメージを左右する仕事なので責任は重大です。

宣伝によって、最終的にどのような効果があったかを調査するのも仕事になります。

 

・IR(インベスター・リレーションズ)

広報や宣伝はマスコミ・消費者を相手にしているのに対し、IR(インベスター・リレーションズ)は、投資家や株主を相手にしています。

企業のホームページを見ると「IR情報」が掲載されている事がありますが、そこには「有価証券報告書」等の情報が載っています。

このIR情報を、株主や投資家に報告・公開するのが主な仕事です。

売上高や決算を発表する際や、役員の交代、社内人事等、株主や投資家が必要とする情報公開に努めます。

経営や株に関わる知識はもちろん、社内の商品やサービスにも精通していなければ詳しい説明を株主にする事は出来ないので、いかに知識を蓄えられているかが重要です。

どんな企業での募集が多い?

どんな企業においても広報・宣伝・IRの3者の仕事は必要不可欠の重要な仕事です。

ただ、従業員が数名だけの小さな規模の企業では「広報」という担当が決まっている事は少なく、何かの役割(ほかのお仕事)と兼任するのが一般的です。

また、小規模の企業(特にBtoB企業)の場合、そもそも広報や宣伝を行わない場合もあります。

つまり、結果的に広報・宣伝・IRの求人募集を出している企業は、それなりの従業員数を抱える「大企業」という事になります。

特に、食品メーカー、化粧品会社、銀行など、消費者が直接利用する「BtoC企業」は、広報や宣伝に力を入れるので、一度は企業名を聞いた事がある様な有名企業の求人が多いです。

広報・宣伝・IRで働く派遣社員の時給や給料事情は?

広報・宣伝・IRで働く派遣社員の時給は「1400円から1600円」前後が相場となっています。

派遣社員としての時給は比較的「高め」だと言えます。

広報・宣伝・IRの仕事は、本社での勤務が多いので、求人は東京や大阪等の大都市圏に集中していて、結果的に時給水準も高くなっています。

もちろん地方でも、地元密着型企業における求人がありますが、時給水準は東京と比べると若干低くなる傾向にあります。

広報・宣伝・IRの仕事は、派遣社員の場合でも「フルタイム勤務」を前提としている求人が多く、仮に時給1600円で1か月働いたと仮定すると、1か月のお給料は

「1,600円×7時間(1日)×20日勤務=224,000円」

というように、派遣社員でも、正社員並みの給料を受け取れる事が分かります。

広報・宣伝・IRになるには?

広報・宣伝・IRになる為に必要な資格はないので、誰にでもチャンスがあります。

ただ、新卒採用の場合は、自分の希望する部署に配属される事は容易ではないので、最初は営業などに配属され、社内の他の仕事を経験してから、数年後に広報・宣伝・IRに配属になるというパターンも多いです。

一方、派遣社員として働く場合は、広報・宣伝・IRの仕事に特化した求人情報を探すことで、最短距離で目的のお仕事を見つける事が出来ます。

中途採用になると採用枠はかなり狭き門になるので、広報・宣伝・IRの仕事の仕事がしたいのであれば、まずは派遣登録してお仕事をさがすことがおすすめです。

未経験でも働ける?経験のない私でも通用する仕事なの?

広報・宣伝・IRの仕事は、経験のない未経験者でも応募する事が可能です。

実際に大手派遣会社の求人を見てみると「経験必須」となっている求人は少なく、「80%以上」が未経験OKの求人となっています。

未経験者OK求人が多いことから考えると、比較的誰でも挑戦しやすい職種であることが窺えます。

しかし、掲載されてる求人情報の一部には「事務経験必須」や「社会人経験必須」となっている募集もありますし、企業によっては難易度の高い仕事を求められる場合もあるので、あくまでケースバイケースという認識でいるよう注意が必要です。

広報・宣伝・IRで働く人のやりがいや大変な事とは?

モチベに繋がること、辛いこと

・やりがい

広報・宣伝の仕事のやりがい感じられるのは、自社製品が「テレビ、雑誌、SNS」で大きく取り上げられた時です。

商品そのものの魅力もそうですが、いかにマスコミに上手に売り込むか、面白い宣伝を行うかによって、取り上げられ方は大きく異なります。

想定していたものより、大きな記事で取り上げてもらえたり、CMが話題になったりすると、大きな喜びになります。

IRの場合は、自分たちがしっかりとIR情報を公開する事によって、投資家や株主から企業がより良い評価を受けられるようになる事が仕事へのやりがいに繋がります。

専門的な知識も必要になり、プレッシャーも大きいですが、その分仕事をやり切った時のやりがいも大きいです。

 

・大変なこと

広報・宣伝・IRの仕事に共通して大変な事は、突発的なトラブルが発生した時の対応です。

商品の欠陥や、不祥事等が発生すると迅速な対応が求められますが、その時の対応によって、自社に対するイメージは大きく左右されます。

どんな場面でも臨機応変な対応が出来るようにしておかなくてはなりません。

こんな資格や経験があると役立ちます

こんな資格や経験が活きる

・役立つ資格

広報・宣伝・IRの仕事に関しては、パソコンスキルが欠かせません。

なので「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)検定」を取得しておくと、仕事で役に立ちます。

又、外資系企業で働く事になったり、外国人とのやり取りが発生する職場に就業を希望する場合は、TOEIC等の語学関係の資格を取得しておくと役立ちます。

・役立つ経験

広報・宣伝・IRは、社内外の様々な人と関わりながら仕事をするので、どんな経験も役に立ちます。

営業経験のある人は、そのコミュニケーション能力をそのまま使えますし、事務経験者もパソコンスキルやビジネスマナーを活かせます。

派遣の職種辞典

icon-chevron-righticon-chevron-right 派遣でとくに人気のある仕事
icon-chevron-circle-down 一般事務・OA事務  icon-chevron-circle-down 営業事務
 icon-chevron-circle-down データ入力  icon-chevron-circle-down コールセンター
icon-chevron-righticon-chevron-right事務・オフィスワーク系の派遣の仕事
一般事務・OA事務 営業事務
経理・英文経理 人事事務・総務事務
学校事務・大学事務 法務事務・特許事務
生保事務・損保事務 貿易事務
金融事務(銀行・証券) 医療事務
介護事務 社会保険事務
製薬会社の事務 不動産業界の事務
法律事務所の事務 アパレル事務
購買事務 コールセンター
データ入力・キーパンチャー 受付・窓口
秘書 通訳・翻訳
企画・マーケティング 広報・宣伝・IR
WEBデザイナー ネットワークエンジニア
ヘルプデスク DTPオペレーター
イラストレーター 出版社の派遣
icon-chevron-righticon-chevron-right販売の仕事
アパレル販売 携帯販売・携帯ショップ
百貨店
icon-chevron-righticon-chevron-right 工場・製造業・軽作業
軽作業 倉庫管理
マシンオペレーター 現場監督・施工管理